電話番号

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > オーバーローン物件も不動産売却が可能なの?

オーバーローン物件も不動産売却が可能なの?

≪ 前へ|遠い目   記事一覧   新築物件の進み具合|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

オーバーローン物件も不動産売却が可能なの?

不動産の売却をするためには、抵当権を抹消する必要があるため、ローンをすべて完済する必要があります。
したがってローンの残債がある場合は、売却した際の価格からローンの残債を差し引いて、完済するかたちとなります。
しかし、売却価格よりもローンの残債が大きかった場合は、オーバーローンといわれる状態になってしまいます。
このような場合どのように対処したら良いのでしょうか。

弊社へのお問い合わせはこちら

オーバーローン物件でも不動産売却できるのか

基本的にローンが残っている物件は売却できません。
しかし例外的に、任意売却という方法があります。
これはサポーターを通じて、債権者である金融機関と返済計画について相談し、今後もローンの残債を支払う代わりに、オーバーローン不動産を売却するという方法です。
この任意売却は競売とは違い、そこまで大きく売却価格が下がらずに、市場価格で売却することができます。
また売却後に、別の物件の購入を検討されている際には、住み替えという方法があります。
これは、ローンの残債を次に購入する物件のローンに上乗せして借り入れる方法です。
しかし、住み替えをおこなう場合、物件価格以上のローンを組むことになるので、住宅ローンの審査はかなり厳しくなり、金利も高くなる傾向にあります。
すでに住宅ローンの返済が滞っている場合は信用情報の審査により、住み替えの選択は難しいと考えた方がよいでしょう。

オーバーローン物件を不動産売却する際の注意点

任意売却する際の注意点として、必ず債権者の合意が必要になります。
債権者からしても、競売に出されることになれば、より低い売却価格となり、残債が多く残る可能性があるため、ほとんどの場合は任意売却を承諾してくれますが、必ずしも合意が得られるとは限りません。
また、任意売却は通常の売却とは異なる手続きとなるため、仲介業者は任意売却に対応できる不動産会社を選ぶ必要があります。
そして、任意売却をおこなうと個人信用情報に登録されるため、今後ローンを組む際の信用情報に響く可能性があるということも注意しなければなりません。

まとめ

オーバーローン物件の売却方法や注意点などについてご紹介いたしました。
不動産売却価格は不動産会社によって査定も異なるため、売却前にいくつかの査定サービスで売却価格を把握する必要があります。
どうしてもオーバーローンになってしまう場合は、ローンを完済する方法や、売却せずに住み続ける方法なども検討してみましょう。
不動産の売却は素人目ではわかりにくい部分も多いので、信用できる不動産会社に依頼することが重要です。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|遠い目   記事一覧   新築物件の進み具合|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約