電話番号

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 任意売却する際のアンダーローンとは?任意売却する際に確認すべきこと

任意売却する際のアンダーローンとは?任意売却する際に確認すべきこと

≪ 前へ|当てにならない温度計   記事一覧   お腹をすかせたネコ|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

任意売却する際のアンダーローンとは?任意売却する際に確認すべきこと

不動産の任意売却を検討していると、「アンダーローン」という言葉を耳にすることが多いでしょう。
アンダーローンとはどのような意味を示す言葉で、オーバーローンとはどう違うのかを確認しておくことをおすすめします。
今回は、アンダーローンの意味や住宅ローンの支払いが苦しいときの対処法についてご紹介しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

任意売却する際の「アンダーローン」の意味とは?

不動産の売却を検討するにあたって、現在のローンの状態を確認することは重要です。
残っているローンの金額が不動産を売却する場合の価格より低ければ「アンダーローン」、高ければ「オーバーローン」と呼びます。
たとえば、ローンの残高が2,000万円で不動産の時価が3,000万円である場合は、アンダーローンの状態です。
アンダーローンの場合は一般的な方法で不動産を売却できるため、なるべく決断し、生活を安定させたほうがよいでしょう。
自分がアンダーローンの状態なのかオーバーローンの状態なのかを調べるには、住宅ローンの残高と不動産の価格を確認する必要があります。
不動産の価格を調べるには、信頼できる不動産会社に査定を依頼するとよいでしょう。
もし、オーバーローンの状態だった場合は、通常の方法で売却できないので注意してください。

任意売却する際のアンダーローンで支払いが苦しいときの早めの対処法とは?

住宅ローンの支払いが苦しくなったときは、間違えてもキャッシングを利用してお金を工面するようなことはしないでください。
アンダーローンの場合は、早めに売却することで問題は解決します。
オーバーローンの場合でも、金融機関にローン組みの見直しを相談したり、任意売却を検討したりするなど、早めの対処をすることで生活を安定させられるはずです。
任意売却とは、債権者である金融機関の合意を得て不動産を売却する方法のことをいいます。
通常の不動産売却に比べると売却価格は安くなりますが、競売を避けるためにも選択すべき方法です。
手続きの方法も通常の売却時と同じなので、オーバーローンの場合はおすすめの方法といえるでしょう。
いずれにしろ、ローンの支払いが苦しくなった時点で、早めの対処が必要です。

まとめ

ローンの支払いが滞りそうなときは、アンダーローンの状態なのかオーバーローンの状態なのかを確認することから始めましょう。
オーバーローンの場合でも早めに任意売却を選択することで苦しい状態から脱出できる可能性が高いため、慎重に検討してみるとよいでしょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|当てにならない温度計   記事一覧   お腹をすかせたネコ|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約