電話番号

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > カーポートの状態が家の売却にどう影響する?固定資産税の有無もご紹介

カーポートの状態が家の売却にどう影響する?固定資産税の有無もご紹介

≪ 前へ|土地30坪に3階建て   記事一覧   お腹をすかせたネコ3|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

カーポートの状態が家の売却にどう影響する?固定資産税の有無もご紹介

「カーポートの状態が家の売却に影響するのではないか?」と心配されている方も多いでしょう。
場合によっては修理してから売却することも検討する必要があるため、慎重に判断しなければなりません。
今回は、家を売却する際のカーポートの状態と修理費用、固定資産税についてくわしくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家を売却する前にチェック!カーポートの状態と修理費用について

家の購入を検討して内見に来る人たちは、まず、外観の状態をチェックします。
家のなかに入る前に目につく場所であり、いわゆる家の第一印象を決めるのが外観なのです。
カーポートは玄関の周辺に設置されていることが多いので、当然、外観を見るときのチェックポイントになります。
購入希望者は、その家を購入するにあたって「デメリットやリスクはないか」を確認するため、外観がきちんと管理されていない家は売れにくいのが特徴です。
つまり、いくら内装がきれいで気に入るものであっても、玄関先に汚れていて破損しているカーポートがある家は、大変印象が悪くなります。
売却に出す前に修理して外観の印象をよくする必要があるため、カーポートの状態と修理費用を確認しておきましょう。
カーポート全体の交換費用は15万円前後が目安ですが、部分的な修理で済む場合もあるため、業者に相談してみてください。
目安としては、パネル交換には1枚につき1万5,000円~、アルミ枠の交換には2万円~15万円ほどかかります。

家を売却する前にチェック!カーポートに固定資産税はかかるのか?

「カーポートがあるとその分固定資産税が高くなるのではないか?」と思っている方も少なくありません。
固定資産税は土地や建物を多く持っているほど発生するものなので、カーポートにもかかるのではないかと思われる方もいますが、一般的なカーポートには固定資産税がかからないのが事実です。
固定資産税がかかる建築物には一定の条件があり、一般的なカーポートはこの条件に当てはまっていません。
ただし、3方向が壁に囲われていて屋根があり、基礎工事も必要なシャッター付きの車庫などは、固定資産税がかかることもあります。
また、ガレージタイプでなくても右側面・左型面・背面がパネルで囲まれているタイプだと、建物とみなされて固定資産税の対象になることもあるので注意してください。

まとめ

家を売却するにあたって、第一印象を左右する外観をきれいにしておくために、カーポートの状態もチェックする必要があります。
また、スムーズに売却するために、固定資産税がかからないタイプのカーポートかしっかり確認しておきましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|土地30坪に3階建て   記事一覧   お腹をすかせたネコ3|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約