電話番号

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 費用対効果UP!不動産を売却するためのセルフリフォームのコツとは?

費用対効果UP!不動産を売却するためのセルフリフォームのコツとは?

≪ 前へ|すべり台の上から   記事一覧   日記の反応|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

費用対効果UP!不動産を売却するためのセルフリフォームのコツとは?

不動産を売却する際、業者にリフォームを依頼するケースが多いですが、DIYが得意であれば「セルフリフォーム」に挑戦する手もあります。
大がかりな間取り変更まではできなくても、壁や床などのリフォームなら、コツさえつかめばスムーズにできるという方も。
セルフリフォームのメリット・デメリットも見ていきながら、コツをチェックしてみましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却のためのセルフリフォームのメリットとデメリットとは?

セルフリフォームをおこなう方がいるとはいえ、誰でも簡単にできるわけではないので、メリットだけでなくデメリットについても把握しておきましょう。

メリット

コストが抑えられる
セルフリフォームの最大のメリットは、コストを抑えられる点です。
業者にリフォームを依頼すると、人件費がかかるため、ちょっとした工事でも高くついてしまうこともあります。
自分でリフォームをおこなえば、必要なのは材料費だけなので、かなりのコストカットができます。

自分のイメージでリフォームできる
業者にリフォームのイメージを伝えるのは意外と難しいもの。
たとえば「白」といっても純白やアイボリー、オフホワイトなど微妙な違いは伝わりにくいものです。
セルフリフォームの場合、技術は必要ですが、自らのイメージしたものを元に部屋作りができます。

デメリット

手間がかかる
売却することが前提であれば、大がかりなリフォームになることが予想されるため、手間と時間がかかります。
物件を魅力的な状態に仕上げることは素人にとって簡単ではなく、さまざまな問題を解決しながらの作業になるでしょう。

施工範囲が限られる
セルフリフォームの場合、専門的な技術や資格が必要な施工は難しいため、壁紙の張替え程度が主流になる可能性があります。
あらかじめ、できる施工内容をよく確認することが必要です。

失敗しても保証がない
業者によるリフォームなら、欠陥があった場合でも修理の保証をしてもらえますが、自分でおこなう場合はすべて自己責任です。
「塗料が飛び散って取れなくなってしまった」「何度も壁紙を張替えて結局コストが高くついてしまった」などはよくある失敗例です。

不動産売却のためのセルフリフォームを成功させるコツ

ポイントを絞る
セルフリフォームに向けてDIYの情報を集めるうちに、「あれもこれも…」と必要以上の材料や道具を買い集めてしまう傾向があります。
費用を抑えるためのセルフリフォームなら、コスト意識を持ち、施工するポイントを絞っておきましょう。

計画を立てる
素人がセルフリフォームをおこなう際、陥りがちなのが「行き当たりばったり」の施工。
事前にしっかりと計画を立てましょう。

近隣トラブルも想定しておく
素人がリフォームをおこなうため、工事の際の騒音や周辺に対する影響は未知数です。
できる範囲でトラブルを想定し「近隣挨拶は必ずおこなう」「常に配慮を欠かさない」ことが必要です。

無理をしない
セルフリフォームを「すべて自分でやろう」と頑張りすぎるのは危険です。
自分ができる範囲を見極め、それ以外はプロに任せることをおすすめします。

まとめ

最近のDIYブームで、素人でも扱いやすいツールや材料が増えています。
売却予定の物件であれば、内容や費用対効果を吟味し「セルフリフォームをおこなう部分」「プロに任せる部分」は慎重に選びましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|すべり台の上から   記事一覧   日記の反応|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約