賃貸物件のフリーレントとは?その理由とデメリットや初期費用をご紹介

正木屋の不動産知識【賃貸編】

賃貸物件のフリーレントとは?その理由とデメリットや初期費用をご紹介

賃貸物件を探しているとフリーレント付きを見ることはないでしょうか。
近年では多くなっているこの賃貸物件はどのようなものでしょうか。
なぜこのようなものがあるかの理由や、デメリットはあるのでしょうか。
またこのケースの初期費用についてもくわしくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

フリーレントの賃貸物件とその理由

フリーレント賃貸物件とは、ある期間家賃がかからない契約をいいます。
この期間はいつからどのくらいまでかは、半月から3か月と管理会社などにより異なります。
なぜこのようなものがあるのかという理由は、借主側が早く空室をなくしたいため、初期費用を抑えることで入居を希望する方を集めるためです。
このことで一定の無料期間があっても、入居者が決まれば家賃収入を得る見込みがあります。
そして別の理由に同じような条件の賃貸物件があった場合に、フリーレントがついていると選んでもらいやすくなることもあります。
また借りる側のメリットとは、家賃が二重にかからないことや日程に余裕があるので引っ越しに時間をかけることができる点です。

フリーレントのデメリット

デメリットとは、契約期間中に解約をした場合に違約金が必要になることです。
この違約金の相場は家賃の1か月から2か月分が多く、契約期間は1年から2年契約であることが多くあります。
これらは管理会社などから、最低でもこの期間は住んでほしいと要望があるため、入居前に事前に契約内容を確認する必要があります。
また無料期間については明確な期間が決まっているものではなく、管理会社などにより異なるため期間について事前に確認すると安心です。
このようなケースがあるため、引っ越しするまでの期間が短いなどの生活スタイルによってはデメリットになることがあります。
そしてフリーレントが付いている賃貸物件は多くはなく、選択肢が少なくなる場合があります。

フリーレントの賃貸物件の初期費用

フリーレントの賃貸物件でも不動産会社に仲介手数料が発生します。
しかし仲介者が大家さんであったり、大家さんに手数料を負担してもらえるケースもあります。
また家賃の無料期間があっても、その間の管理費や共益費については別にかかります。
これらは初期費用として一般的に翌月の管理費や共益費を支払う必要がでてきます。
しかし場合によっては、この両方が家賃に組み込まれていることもあるため、最初に管理会社などに確認します。

まとめ

フリーレント賃貸物件とは一定期間家賃がかからないものです。
このデメリットは契約期間内に解約すると違約金が発生します。
また初期費用として管理費と共益費が別にかかることがあります。
これらの知識を身につけておくことで、フリーレント賃貸物件契約時のトラブルを未然に防ぐことができます。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”正木屋の不動産知識【賃貸編】”おすすめ記事

  • そろそろ学生さんのお部屋探しの時期です。の画像

    そろそろ学生さんのお部屋探しの時期です。

  • 正木屋は仲介手数料が半額です!の画像

    正木屋は仲介手数料が半額です!

  • 空き家を活用する住宅セーフティネット制度とは?登録方法とメリットを解説の画像

    空き家を活用する住宅セーフティネット制度とは?登録方法とメリットを解説

  • 同棲のタイミングはいつがベスト?準備することや学生が注意すべき点も解説の画像

    同棲のタイミングはいつがベスト?準備することや学生が注意すべき点も解説

  • 同棲カップルの家賃目安とは?負担割合や家賃を抑える方法も解説の画像

    同棲カップルの家賃目安とは?負担割合や家賃を抑える方法も解説

  • 二人暮らしに向いている間取りを比較して解説!の画像

    二人暮らしに向いている間取りを比較して解説!

もっと見る