埋蔵文化財包蔵地にある不動産売却のデメリットや売却方法をご紹介

正木屋日記

埋蔵文化財包蔵地にある不動産売却のデメリットや売却方法をご紹介

埋蔵文化財包蔵地の不動産売却は、一般的に難しいとされています。
そこで今回は、埋蔵文化財包蔵地とは何なのか?という基本的な部分から、ご説明します。
さらに、埋蔵文化財包蔵地の不動産売却におけるデメリットや売却方法についてもみていきましょう。
これから不動産売却を考えている方は、参考になさってください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の前に確認!埋蔵文化財包蔵地とは?

埋蔵文化財包蔵地とは、遺跡が土の中に埋まった土地のことを意味します。
具体例として、土器や石器などの遺物、貝塚や古墳などの居住跡といった遺跡が埋まっていると周知されている場所です。
遺跡と聞くと珍しいと思う人も多いようですが、実は全国に46か所もあります。
さらに年間で9,000件の発掘調査もおこなわれており、文化財保護法の対象となっています。
つまり、日本の文化財として重要視されていることがわかるでしょう。

埋蔵文化財包蔵地にある不動産売却におけるデメリット

埋蔵文化財包蔵地は、土木工事を発注することが決まったら、60日以上前に届け出をしなければなりません。
場合によっては発掘調査の指示が入ることもあり、埋蔵品がでた場合には調査が終了するまで工事ができなくなります。
このように工事に時間がかかってしまうことから、買主が見つかりにくく、不動産売却価格が下がるケースもあります。
また、発掘調査費用を自己負担しなければならないケースがあることもデメリットになるでしょう。

埋蔵文化財包蔵地にある不動産売却の方法

埋蔵文化財包蔵地にある不動産を売却するには、まず事前調査をおこない、調査費用の有無などを調べてリスクを軽減させる必要があります。
また、家の記録を調査して発掘調査がおこなわれているかを確認し、現在の建物が建築された経緯を知ることが重要です。
そして、重要事項説明書にはきちんと詳細を記載し、必要な手続きや相談先について説明をします。
このように買い手が感じるであろう不安に対して、しっかりと対処をすることが、売却を成功させるコツです。
トラブルを未然に防ぐためにも、重要事項説明は怠らないように注意しましょう。
その他に、埋蔵文化財包蔵地という説明をしたうえで、仲介会社に買取を依頼することも可能です。

まとめ

不動産売却の際に埋蔵文化財包蔵地かどうかを調べ、発掘調査や調査費用の負担があるかを確認しましょう。
買主が見つかりにくいデメリットもありますが、その土地や建物に合った売却方法を考えて、対処をすると良いでしょう。
売却方法でお悩みの場合には、ぜひ一度ご相談ください。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社正木屋への問い合わせはこちら


株式会社正木屋 メディア 担当ライター

株式会社正木屋は、長野市の賃貸アパート・マンションなどの賃貸物件や売買物件を豊富に取り揃えた不動産会社です。長野市で不動産をお探しなら、ぜひ弊社にお任せ下さい!ブログでは長野市や不動産売却等に関連したコンテンツをご紹介します。


”正木屋日記”おすすめ記事

  • 18年の画像

    18年

    正木屋日記

  • 外国のアノ家具屋さんの画像

    外国のアノ家具屋さん

    正木屋日記

  • メル〇リの画像

    メル〇リ

    正木屋日記

  • しんどかったことの画像

    しんどかったこと

    正木屋日記

  • ★採用情報です★の画像

    ★採用情報です★

    正木屋日記

  • 春の画像

    正木屋日記

もっと見る