手持ちの不動産が売れず悩んでいる方必見!不動産の売却価格の効果的な下げ方とは?

正木屋の不動産知識【売買編】

手持ちの不動産が売れず悩んでいる方必見!不動産の売却価格の効果的な下げ方とは?

なかなか所有している不動産の売却先が決まらずに、手っ取り早く売却価格を下げることを検討することもありますよね。
今回は、売却価格の効果的な下げ方やその際の注意点などについて、いろいろとご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

効果的な不動産の売却価格の下げ方とは?具体的な方法をチェック!

所有している不動産を売却する際には、できるだけ高い価格で売却したいと考えるのが一般的。
しかし、一定の期間売りに出しているのになかなか買い手があらわれないということもありますし、内覧希望者はいてもなかなか成約までつながらないということもあるかと思います。
もちろん、広告の打ち出しなどの販売戦略を変える方法もありますが、もっとも効果があると言われるのは、やはり販売価格の見直し。
せっかく価格を下げるのなら、より効果的な下げ方を知っておくと心強いですよね。
販売価格の下げ方で多いのは、複数回の小刻みな値下げと1回の大幅な値下げの2種類。
実は、複数回の小刻みな値下げは、そのイメージに反して効果が出にくい下げ方として知られ、買い手の決断を鈍らせてしまうこともあります。
一方で、1回の大幅値下げの方は、買い手に対してのインパクトが大きく、購入を検討していた層の購買意欲を掻き立てる傾向が強いと言われています。

不動産の売却価格の下げ方で注意点となるのは?

不動産を売却する際できるだけ売却価格を下げたくないと感じることも多いかと思いますが、不動産業界では大幅な値下げをして成約に結びつけるのはごく一般的なこと。
とくに、売り出し中の不動産に類似した物件が近くのエリアでも売り出されている場合などは、いかに買い手の心を掴むかが成約につなげられるかどうかの鍵となります。
販売価格の下げ方・下げ幅・下げるタイミングなどは、不動産会社や営業担当者などによっても若干変わってきます。
まずは、信頼できる不動産会社と担当者を見つけるのも大切なこと。
また、マイホームの住み替えを検討している場合など、不動産を売却することになった理由によっては早期の売却をすることが望ましい場合も多くありますので、そもそもどうして不動産を売却することとなったのかなどについても考えながら、販売価格の値下げについて不動産会社と足踏みを合わせて検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

すでにある程度の期間、手持ちの不動産を売りに出しているのになかなか成約までたどり着けないという場合は、売却価格の変更に限らず、何かしらのアプローチや戦略の変更が必要な時期かもしれません。
ケースによっては、広告の打ち出しなどを変更するだけでも成約につながることもあると思いますので、不動産会社と一緒に、不動産の売却価格の変更を模索していっていただければと思います。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説の画像

    不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説

  • 不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!の画像

    不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!

  • 不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介の画像

    不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介

  • 中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説の画像

    中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説

  • 非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説の画像

    非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説

  • 不動産売却詐欺にご注意!その手口や対策について解説の画像

    不動産売却詐欺にご注意!その手口や対策について解説

もっと見る