026-241-3860

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 自宅を内緒で売却する際の方法と注意点について解説!

自宅を内緒で売却する際の方法と注意点について解説!

≪ 前へ|袋好き   記事一覧   【終了しました】求人情報です。|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

自宅を内緒で売却する際の方法と注意点について解説!

今住んでいる自宅を売却するのであれば、不動産会社に依頼して購入希望者を募る必要があります。
その際、もっとも効果的な方法は、チラシやインターネットなどで売却する物件の情報を公開することです。
しかし、なかには「自宅を周囲に知られずに内緒で売却したい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、内緒で自宅を売却する方法と注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

自宅を周囲に内緒で売却する方法は?

離婚や借金など、マイナスイメージが強いときややむを得ない事情から、周囲に内緒で自宅を売却したいと考えるケースがあります。
実は、一般向けに自宅の情報をできる限り公開せずに売却する方法があるのです。
まず、一つ目の方法が買取です。
買取は不動産会社が売主から直接物件を買い取るため、物件を売りに出していることを宣伝する必要がありません。
また、不動産会社がリフォームをして次の購入者を募るため、物件に多少の汚れや傷んだ箇所があっても気にする必要がないというメリットがあります。
買取は売却価格が安いデメリットがありますが、一方で瑕疵がある物件に対して契約不適合責任なしで契約してもらえるため、売却後に責任を問われるリスクも低いのです。
周囲に内緒で自宅を売却するもう一つの方法が、情報をできる限り公開せずに仲介で売却することです。
不動産会社と専任媒介契約、もしくは専属専任媒介契約を結ぶと、物件を不動産会社だけが閲覧できる指定流通機構に登録する義務が発生します。
人目に付きやすい一般への宣伝を避け、指定流通機構を利用すれば可能な限り情報を拡散せずに売却できるのです。

自宅を内緒で売却する際の注意点とは?

自宅を周囲に悟られずに売却するケースでは、一般向けに広告を展開できないため売却活動が長期化しやすいという注意点があります。
物件の購入希望者側は、一般に公開されている物件から家を選ぶケースがほとんどです。
そのため、仲介での売却を希望する際は、通常の不動産売却よりも売却に時間がかかります。
ただし、人気のエリアに建っている物件や、家そのものに価値がある場合は短期間で売却が成立するケースもあるため、一概にはいえません。
とはいえ、売却期間が長めにかかることを想定しておく必要があるのです。
また、一般向けに宣伝していなくても、売却活動中に予期せぬ出来事によって、売却しようとしていることを知られてしまうケースもあります。
たとえば近所の方や知人がたまたま不動産購入を検討しており、不動産会社から物件を紹介されるなど、宣伝していなくても売却の事実が知られてしまう可能性はゼロではありません。
このほか、不動産会社による買取の場合は買取価格が低い点にも注意が必要です。

まとめ

周囲に内緒で自宅を売るのであれば、不動産会社による買取や指定流通機構を利用して売却する方法があります。
ただし、周囲に宣伝せずに売却するのであれば売却活動が長期化したり、売却価格が安くなったりする点に注意が必要です。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|袋好き   記事一覧   【終了しました】求人情報です。|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約