家具家電付き賃貸物件はお得?費用の比較やメリット・デメリットを解説!

正木屋の不動産知識【賃貸編】

家具家電付き賃貸物件はお得?費用の比較やメリット・デメリットを解説!

進学や就職に伴う初めての一人暮らしは希望に満ちていますが、敷金などのほかに家具や家電を揃えるのにお金がかかります。
また、単身赴任で一時的に一人暮らしになる場合、家具家電を揃えるのはもったいないと思うかもしれません。
そんなときに検討したいのが、「家具家電付き賃貸物件」です。
今回は、家具家電を購入した場合の費用の比較、家具家電付き賃貸物件のメリットやデメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

かかる費用はどのくらい違う?家具家電付きと購入の場合を比較!

家具家電付き賃貸物件とは、最初からベッド・机・ソファや照明器具といった家具、テレビ・冷蔵庫・電子レンジなどの家電が設置されている物件をいいます。
基本的にワンルームや1Kの物件が多く、単身者に向いています。
家具や家電を新たに購入する必要がなく、引っ越しの際も荷物が少なくて済むので初期費用があまりかかりません。
ただし、家具家電付き賃貸物件は家賃が相場の2〜3割高いのが一般的です。
たとえば家賃の相場が6万円とすると、家具家電付き賃貸物件の家賃は7万2,000円以上となります。
その物件に住むことで多く払う金額は1年目で年間約14万4,000円、2年目になるとさらにこの倍の28万8,000円です。
一人暮らし用の家具家電を買い揃えるのにかかる費用の相場は約23万円といわれているので、2年目を越えるとかえって高くつくことになります。

家具家電付き賃貸物件を選ぶメリットは?

まず家具や家電が最初からついているので、購入の必要がないため初期費用を抑えられることが挙げられます。
また、急な引っ越しの場合でも引っ越し当日から快適に生活できるのもメリットです。
大きな荷物がないため、入居時や退去時の引っ越しにかかる費用も節約できますし、不要になった家具や家電の処分も必要ありません。

家具家電付き賃貸物件を選ぶデメリットは?

自分で家具や家電を用意しなくても良いのはメリットになる反面、デメリットにもなります。
具体的には好みの家具が選べない、最新の家電に買い替えられない点です。
テレビのサイズにこだわりがある、どうしてもほしい機能があるといった方には向いていないでしょう。
また、新築物件でない限り、中古品になってしまうことや部屋のレイアウトが限定されてしまう点が気になる方もいるかもしれません。
家賃が高めなところもデメリットのひとつですので、ご自身が無理なく払える範囲であるか、よく検討する必要があります。

まとめ

初期費用がかからず、身軽に引っ越しができるのが家具家電付き賃貸物件の最大のメリットでしょう。
ただし、家賃が相場よりも高くなるため、お得になるのは長くてもそこに住むのは2年以内の場合です。
単身赴任など、期間が限られている引っ越しの際にはぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”正木屋の不動産知識【賃貸編】”おすすめ記事

  • そろそろ学生さんのお部屋探しの時期です。の画像

    そろそろ学生さんのお部屋探しの時期です。

  • 正木屋は仲介手数料が半額です!の画像

    正木屋は仲介手数料が半額です!

  • 空き家を活用する住宅セーフティネット制度とは?登録方法とメリットを解説の画像

    空き家を活用する住宅セーフティネット制度とは?登録方法とメリットを解説

  • 同棲のタイミングはいつがベスト?準備することや学生が注意すべき点も解説の画像

    同棲のタイミングはいつがベスト?準備することや学生が注意すべき点も解説

  • 同棲カップルの家賃目安とは?負担割合や家賃を抑える方法も解説の画像

    同棲カップルの家賃目安とは?負担割合や家賃を抑える方法も解説

  • 二人暮らしに向いている間取りを比較して解説!の画像

    二人暮らしに向いている間取りを比較して解説!

もっと見る