026-241-3860

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 分譲賃貸マンションとはどんな物件?一般的な賃貸マンションとの違いを解説!

分譲賃貸マンションとはどんな物件?一般的な賃貸マンションとの違いを解説!

≪ 前へ|夏   記事一覧   アマゾンプライムデー|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【賃貸編】

分譲賃貸マンションとはどんな物件?一般的な賃貸マンションとの違いを解説!

賃貸物件を探している方であれば、分譲賃貸という言葉を1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
分譲賃貸マンションは、賃貸物件のなかでもとくに人気の物件の1つです。
今回は賃貸マンションを探している方に向けて、分譲賃貸マンションと一般的な賃貸マンションの違いや、メリット・デメリットを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

分譲賃貸マンションと一般的な賃貸マンションとの違いとは?

分譲賃貸マンションとは、分譲マンションを購入したオーナーが何らかの事情でその物件に住めなくなった場合に、賃貸物件として貸し出しているマンションのことです。
とくに「分譲マンション購入後に遠方に転勤になった」「投資用に購入し、元々住むつもりがなかった」というオーナーが多く、建物自体は一般的な分譲マンションと変わりありません。
分譲マンションは長期間居住することを想定して作られているため、賃貸マンションに比べてキッチンなどの設備が充実し、防音性なども優れているという特徴があります。
また、分譲マンションでは購入者がその住戸の持ち主となり、マンションの規約の範囲内であればリフォームも可能です。
すでにオーナーがリフォームした物件を分譲賃貸マンションとして貸し出している場合、借主は自分でリフォーム費用を支払うことなく、リフォーム済みのお部屋に入居できることになります。
また、分譲マンションを購入する際は購入費用以外にも不動産取得税や登記費用などが必要で、毎年固定資産税を支払う必要もあります。
しかし分譲賃貸マンションを借りるために必要なのは、敷金・礼金や家賃・共益費など、一般的な賃貸マンションと同様の費用のみです。

分譲賃貸マンションのメリット

分譲マンションは長期間居住することを想定して作られているため、内装や設備のグレードが高く、共用施設が充実しているなど、贅沢な設えになっています。
また、鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の建物が多く、耐震性や防火性、防音性にも優れています。
さらに、オートロックが設置されていたり、管理人が常駐していたりするマンションが多く、セキュリティの面でも賃貸マンションに勝っていると言えるでしょう。

分譲賃貸マンションのデメリット

分譲賃貸マンションのデメリットは、設備が充実していて人気もあるため、周辺の賃貸マンションの相場に比べて家賃が高めに設定されていることです。
また、「オーナーの転勤期間終了まで」というように、賃貸借契約の契約期間が限定されているケースもあります。
さらに、オーナーが賃貸物件の経営を本業としない素人であるため、トラブルが発生する可能性が高いことにも注意が必要です。
賃貸物件で設備が故障した場合は貸主や管理会社に連絡して対処を仰ぐのが一般的ですが、素人のオーナーでは対処方法が分からず、修理までに時間がかかったなどのケースも散見されます。

まとめ

分譲賃貸マンションは設備が充実しているなど多くのメリットがありますが、トラブルが発生する可能性が高いなど、入居前には気付きにくいデメリットもあります。
分譲賃貸マンションへの入居を検討する際は、今回ご紹介した内容もぜひ参考にしてください。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|夏   記事一覧   アマゾンプライムデー|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る

来店予約