不動産オークションとは?メリットや手続きの流れをご紹介!

正木屋の不動産知識【売買編】

不動産オークションとは?メリットや手続きの流れをご紹介!

物件を売却したいときには不動産会社に依頼するのが一般的ですが、不動産オークションを使うのもひとつの方法です。
しかし不動産会社による売却とはさまざまな違いがあるので、方法をよく確認しておくことをおすすめします。
今回は、不動産オークションの方法や通常の売却方法との違い、手続きの流れやメリット・デメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産オークションの方法や通常の売却方法との違いとは

不動産オークションとは、物件を競りにかけて購入希望者に自由に入札してもらい売却する方法です。
競り上がり方式とポスティング方式の2種類があり、それぞれで入札できる回数が異なります。
いずれにしても基本的には自分で物件を売る方法であり、不動産会社の仲介や買取とは違います。
不動産会社を利用すればプロのサポートが受けられるので、適正価格の設定や売買契約の締結にはあまり困りません。
しかし不動産オークションでは細々した手続きを自分でする必要があり、どうすれば良いのかわからないことも多々あるでしょう。
手続きなどが面倒に感じる方は、売主にとってリスクの少ない、不動産会社の仲介や買取による売却をおすすめします。

不動産オークションの流れとは

手持ちの不動産をオークションにかける際の流れとしては、まずはオークションサイトに物件の情報を掲載し、最低落札価格を決めます。
最低落札価格は低くしたほうが入札は増えやすいものの、安値で落札され損をする場合もあるので、適切な金額に設定しましょう。
物件の登録が終わったら指定日より入札開始となり、購入希望者から値段が付けられていきます。
入札終了時刻までに最高値を付けた方が物件を落札し、その方との間で売買契約の締結を進めますが、手続きのサポートがあるとは限らないので注意が必要です。
無事に売買契約が締結されたら、決済をおこなって一連の手続きは終了です。
不動産オークションでは、自分で主体的に動く必要があり手間もかかるため、負担に感じるようであれば不動産会社に売却を依頼したほうが良いでしょう。

不動産オークションのメリットとデメリットとは

不動産オークションを利用すると、短期間のうちに不動産が売れる可能性があります。
オークションサイトをとおしてさまざまな方に購入を呼び掛けられるのもメリットのひとつです。
デメリットは、不動産の売却にともなうさまざまな手続きを自分でしなければならないことです。
不動産の売買契約を個人で締結するのは難しく、トラブルに発展する可能性も少なくありません。
何度も繰り返しになりますが、特別な事情がない限り不動産売却は不動産会社に依頼するのがおすすめです。

まとめ

不動産オークションは競り方式で物件を売却する方法です。
早く売れる可能性があるなどのメリットはあるものの、難しい手続きをすべて自分でおこなう必要があるため、何かと面倒です。
とくに理由がなければ、不動産会社に売却を依頼するほうが楽に売却できるでしょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

株式会社正木屋

株式会社正木屋は、長野市の賃貸アパート・マンションなどの賃貸物件や売買物件を豊富に取り揃えた不動産会社です。長野市で不動産をお探しなら、ぜひ弊社にお任せ下さい!ブログでは長野市や不動産売却等に関連したコンテンツをご紹介します。


”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説の画像

    不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説

  • 不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説の画像

    不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説

  • 不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!の画像

    不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!

  • 不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介の画像

    不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介

  • 中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説の画像

    中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説

  • 非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説の画像

    非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説

もっと見る