株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 新しいiPhoneのカメラとホントのカメラとの比較

新しいiPhoneのカメラとホントのカメラとの比較

≪ 前へ|町の会合   記事一覧   いい時代|次へ ≫
カテゴリ:正木屋日記

新しいiPhoneには超広角レンズ(14mm前後)がついております。

どんなものかわかりませんので、

ちょっと物件で撮影をしてみることにしました。

使えたら、撮影がチョー楽ですからねぇ。


↑新しいiPhone

↑ホントのカメラ


全く同じ環境ではないので、なんともいえませんが、

新しいiPhoneがこの程度ならなんとか使えるかなあ、

といったところです。


拡大してみました。

↑新しいiPhone



↑ホントのカメラ


ホントのカメラは、コンセントの穴まできちんと見えますが、

新しいiPhone穴が潰れております。

洗面所の枠も溶けてますね。。。

ここは画素数が違いますので、

仕方ありませんね。

(4倍違います。)


たまに、

『テレビジャックがついているか』

とか

『コンセントは何個あるのか』

等と問い合わせがあるので、

やっぱりホントのカメラで撮ったほうが良さそうです。


次はチョット意地悪な状況で撮影してみました。

カメラがいちばん苦手な逆光です。

↑新しいiPhone


↑ホントのカメラ


こちらも全く同じ環境ではありませんが、

ホントのカメラの圧勝です。


↑新しいiPhone


↑ホントのカメラ


いやあ、全然違いますね。

ここまで違えば言うことはありません。

この新しいiPhoneの写真を載せたら、

皆から文句を言われること間違いありません。


やっぱり、あくまでも電話についているカメラですので、

ホントのカメラには到底敵いません。


なんとかして使えるようにする方法もありますが、

ここまで違えばきちんとしたカメラを使ったほうがいいですね。


ただ、新しいiPhoneにこの広角レンズが付いているのはスゴイです。

時代は変わりましたね。。。

≪ 前へ|町の会合   記事一覧   いい時代|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約