電話番号

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却をする際に見落としがちな地区計画のこと

不動産売却をする際に見落としがちな地区計画のこと

≪ 前へ|いつも真剣   記事一覧   箱からの出方|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

不動産売却をする際に見落としがちな地区計画のこと

不動産売却をする際に、気を付けなければいけない点の1つとして、地区計画があります。
不動産売却の際に、地区計画を見落とすと思わぬ事態に発展してしまう可能性があります。
ここでは、「地区計画」についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

地区計画とは?

まず、地区計画とは、それぞれの地区の特性にふさわしい街づくりをおこなうための計画のことを指します。
都市計画とよく対比されますが、都市計画は都市全体の計画を指し、地区計画は都市全体の中の特定の地区における計画のことを指しています。
では、不動産売却する際に地区計画はどのように関わってくるのでしょうか?

地区計画における不動産売却のリスク

地区計画のことをしっかり調べずに土地などの不動産を売却してしまった場合、用途制限が設けられていることを知らずに購入してしまった相手方とトラブルになってしまう可能性があります。
その地区によっては、建てられる建物の面積や高さなどが細かく決まっていることもあり、望み通りの建物を建てられなくなってしまうこともあります。
こういった地区計画に基づいた決まりがある地区には、決まりに従った建物を建てなければ罰則を科されてしまう可能性もあるため、不動産売却をする際にはその地区に地区計画が指定されているかどうか、しっかりと調査した上で買主に売却するようにしましょう。
では、売却したい土地の地区計画を確かめるにはどうしたら良いのでしょうか?

地区計画はどこで確認できるのか

その地区が地区計画の対象地域かどうかは、区役所や市役所の都市計画課の窓口で確認することができます。
また、市区町村によって異なりますが、都市計画情報をインターネットに公開している場合は、ネット上でも地区計画に関する情報を確認することができます。

まとめ

ここでは、地区計画のことについてご紹介しました。
不動産売却をする際に、その土地が地区計画に指定されている地域かどうか。
また、地区計画に指定されている地域だった場合、どんな用途指定があるのか。
調べずに売却をしてしまうと思わぬトラブルに発展してしまうかもしれません。
不動産売却をする際には、区役所や市役所の都市計画課の窓口や、インターネットなどを活用して、売却したい土地が地区計画に指定されている土地なのかどうか、しっかりと調査した上で売却することが重要です。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|いつも真剣   記事一覧   箱からの出方|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約