不動産売却で物件の見た目は重要?リフォームの必要性や内見のコツを解説!

正木屋の不動産知識【売買編】

不動産売却で物件の見た目は重要?リフォームの必要性や内見のコツを解説!

何かを売買する際に商品の見た目が良いことは重要であり、不動産においても第一印象が良いに越したことはありません。
それなら不動産売却前にリフォームを実施したほうが良いのか、気になるところではないでしょうか。
今回は、不動産売却におけるリフォームの必要性のほか、物件の見た目を良くする内見対応のコツも解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却で物件の見た目を良くするリフォームは必要なの?

不動産売却にあたってリフォームは義務ではなく、改修が必要かどうかは売主が自由に決められます。
事前にリフォームをおこなうメリットは、物件の見た目がきれいになり、買主に与える印象がおのずと良くなることです。
一方で、不動産売却前のリフォームにはデメリットもあり、たとえば物件を売り出す前に多額の費用がかかることは痛いところでしょう。
リフォームにかかった費用は売却価格にすべて上乗せできるとは限らず、いくらかは売主の自己負担になる可能性もあります。
改修にかかった費用をほぼ取り戻せるほどに値上がりする見込みがあれば、事前に工事をおこなう価値もあるでしょう。
事前の工事で損をしないためにも、リフォームの有無で物件価格を比較したうえで、改修の必要性を判断しましょう。
また、リフォームをおこなうメリットよりもデメリットのほうが上回る恐れがあるときは、よく考えて判断することをおすすめします。

物件の見た目を良くしよう!不動産売却時の内見対応のコツ

費用を取り戻せる見込みがあれば、リフォームを実施しても良いでしょう。
リフォームしない場合は、物件の見た目を良くすることで内見時に魅力的に見せましょう。
事前にしっかり掃除しておくのは基本的であり、目の届く範囲はできる限り清掃しましょう。
とくに力を入れたいのは日常的に汚れが溜まりやすい水回りであり、きれいに掃除できていると内見時に好印象を与えられます。
部屋の明るさも物件の見た目を左右しやすいので、内見が入るときはすべてのカーテンをしっかり開けておき、照明もつけておくことが大事です。
さらに、室内をモデルルームのように装飾して物件の印象を良くする、いわゆるホームステージングを実施するのもおすすめです。
近年では見栄えの良い家具やインテリアを貸し出すサービスも登場しているので、室内が素敵に見えるように演出するのも良いでしょう。

まとめ

不動産売却にあたって物件の見た目が良いに越したことはないものの、リフォームは必ずしも必要ではありません。
改修せずに物件を売り出すときは、事前にしっかり掃除する、室内を明るくしておくなどの工夫をすると良いでしょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

株式会社正木屋

株式会社正木屋は、長野市の賃貸アパート・マンションなどの賃貸物件や売買物件を豊富に取り揃えた不動産会社です。長野市で不動産をお探しなら、ぜひ弊社にお任せ下さい!ブログでは長野市や不動産売却等に関連したコンテンツをご紹介します。


”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説の画像

    不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説

  • 不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説の画像

    不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説

  • 不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!の画像

    不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!

  • 不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介の画像

    不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介

  • 中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説の画像

    中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説

  • 非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説の画像

    非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説

もっと見る