不動産売却て知っておきたいレインズとは?登録の流れとメリットを解説!

正木屋の不動産知識【売買編】

不動産売却て知っておきたいレインズとは?登録の流れとメリットを解説!

不動産を売却する予定がある方の多くは、不動産会社に相談することから始めるのが一般的です。
その際、不動産会社ではどのようにしてさまざまな物件の情報を参考にしているのか、気になる方も少なくないのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産売却の際に知っておきたいシステムであるレインズの概要と登録の流れやメリットについても解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の際に利用されるレインズとは?

レインズとは、不動産流通機構が運営を担っているネットワークシステムのことで、国土交通大臣による指定を受けています。
レインズ(REINS)は、「Real Estate Information Network System」の頭文字で、日本語では「不動産流通標準情報システム」と呼ばれます。
レインズには、不動産会社が売却依頼された物件の情報が表示されており、物件の価格や所在地、面積をはじめとした各種情報を検索して見ることが可能です。
このシステムの仕組みとは、不動産売却をしたい人が不動産会社と、専任媒介契約か専属専任媒介契約を結んだ時点で登録するようになっています。
登録された内容は、加入している不動産会社であれば自由に閲覧することが可能です。

不動産売却の際に利用されるレインズへの登録の流れ

レインズに登録する流れのなかで重要なことは、まず不動産会社と媒介契約を締結しなければなりません。
媒介契約には3つの種類がありますが、レインズに登録する義務があるのは、専任媒介契約と専属専任媒介契約の2つです。
売却不動産の情報がレインズに登録されるとすぐに情報が公開され、加入不動産会社が閲覧することが可能になります。

不動産売却の際にレインズに登録するメリット・デメリット

前述のとおり、レインズは登録した時点で情報がアップされるので、高い宣伝力が期待できます。
そのため買主が決まりやすく、早期売却できる可能性があることがレインズのメリットです。
また、全国の物件情報を閲覧できるため、買主が効率よく家探しをできるという点もメリットです。
一方で、情報がリアルタイムで次々と更新されるため、多くの情報に埋もれてしまう点はデメリットと言えます。
さらに、登録することで不特定多数の人に情報を見られてしまうことにもなります。
家の売却がばれることを不安に思っている方にとっては、デメリットであると言えるでしょう。

まとめ

不動産売却のために不動産会社と媒介契約を結ぶと、レインズという不動産流通標準情報システムに登録されます。
登録のために必要な契約方式もあるため、登録までの流れを知っておくことも大切です。
スムーズな売却のためにも、このシステムについてしっかり理解しておくようにしましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

株式会社正木屋 メディア 担当ライター

株式会社正木屋は、長野市の賃貸アパート・マンションなどの賃貸物件や売買物件を豊富に取り揃えた不動産会社です。長野市で不動産をお探しなら、ぜひ弊社にお任せ下さい!ブログでは長野市や不動産売却等に関連したコンテンツをご紹介します。


”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説の画像

    不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説

  • 不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!の画像

    不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!

  • 不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介の画像

    不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介

  • 中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説の画像

    中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説

  • 非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説の画像

    非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説

  • 不動産売却詐欺にご注意!その手口や対策について解説の画像

    不動産売却詐欺にご注意!その手口や対策について解説

もっと見る