不動産売却における仲介と買取それぞれのメリットデメリットとは

正木屋の不動産知識【売買編】

不動産を売却するときには、「仲介」と「買取」の2つの方法があることをご存じでしょうか。

 

「仲介」と「買取」のどちらも不動産会社を利用しますが、内容は大きく異なります。

 

この記事では、不動産売却における「仲介」は「買取」とはどのような点が異なるのか、メリットデメリットを比較しながらご紹介します。

 

不動産売却における仲介と買取の違いとは


不動産売却における仲介と買取それぞれのメリットデメリットとは


 

不動産売却では、「仲介」と「買取」の2つの方法がありますが、両者は3つの点において違いがあります。

 

①買主

 

「仲介」の場合、買主は自分の住まいを探す個人客が中心であるのに対し、「買取」は不動産会社が買主になるのが一般的です。

 

②売却想定期間

 

「仲介」では広告を打つなどして買主を一から探す必要があるため、状況によっては3カ月程度の期間を要する場合があります。

 

一方「買取」は不動産会社が買主になるため、話がまとまれば短期間での売却が可能です。

 

③売却価格

 

「仲介」は広告などを使って広く買主を探すため、相場に近い価格で売却できる可能性があります。

 

一方「買取」については、売主から不動産を買い取ったあと、不動産会社が修繕などの手を加えて再販するため、一般的に買取価格は相場より安くなる場合が多いでしょう。

 

不動産売却における仲介と買取のメリットデメリットとは

 

それでは不動産売却における「仲介」と「買取」のメリットデメリットをご紹介しましょう。

 

<「仲介」のメリットデメリット>

 

仲介は不動産会社が広告や販売活動を行い、時間をかけて買主を探してくれるため、買取よりも高額で売却できるメリットがあります。

 

とくに築浅である、あるいは人気エリアにある物件は、高額で売却が期待できるため仲介に向いているでしょう。

 

しかし買い手がすぐに見つかるとは限らず、状況によっては売却までに長い時間がかかる場合がある点には注意が必要です。

 

また売買が成立した場合には、仲介を依頼した不動産会社に仲介手数料を支払う必要があることもデメリットといえるでしょう。

 

<買取のメリットデメリット>

 

買取は不動産会社と話し合い、金額面で折り合いがつけばすぐに売却できるため、短期間で売却できるメリットがあります。

 

また売却相手が不動産会社のため、仲介手数料を支払う必要もありません。

 

築年数が古く、耐震性に乏しいなど買い手を見つけにくい物件は買取に向いています。

 

一方買取は、不動産会社が買い取ったあと手を加えるコストが発生するため、買取価格が相場よりも安くなることがもっとも大きなデメリットでしょう。

 

まとめ

 

「仲介」と「買取」は、売却を考えている物件によってどちらがよいか選ぶようにしましょう。

 

不動産の売却をご検討の際には、信頼のおける不動産会社に相談するようにしてください。

 

長野市の不動産のことなら株式会社正木屋にお任せください!

 

売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 土地売却を成功させたい!必要な準備と高く売るコツや注意点を解説の画像

    土地売却を成功させたい!必要な準備と高く売るコツや注意点を解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 住宅ローンの滞納無しに任意売却できる?メリットも解説!の画像

    住宅ローンの滞納無しに任意売却できる?メリットも解説!

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 空き家の固定資産税が6倍になる?必要な対策についてご紹介の画像

    空き家の固定資産税が6倍になる?必要な対策についてご紹介

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 子なし夫婦の不動産相続!トラブルを避けるための対策をご紹介!の画像

    子なし夫婦の不動産相続!トラブルを避けるための対策をご紹介!

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 家の借地権とは?売却する方法や手続きの流れを解説の画像

    家の借地権とは?売却する方法や手続きの流れを解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 住み替えで物件が売れない理由は?事前にリスクを避ける方法や対処法を解説の画像

    住み替えで物件が売れない理由は?事前にリスクを避ける方法や対処法を解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

もっと見る