株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > カップル向けの間取りは1LDK?2DK?必要な設備もしっかり考えよう!

カップル向けの間取りは1LDK?2DK?必要な設備もしっかり考えよう!

≪ 前へ|最近のツタヤ   記事一覧   引っ越しはタイミングが大切!賃貸の二重家賃を上手に回避する方法|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【賃貸編】

同棲を始めるのなら、最初の共同作業は部屋探し。

 

自分一人の部屋探しでも大変ですが、カップルでの部屋探しとなるとさらにハードルは上がります。

 

そこで今回は、カップルが長く幸せに暮らしていくための、おすすめの間取りと設備についてご紹介していきます!

 

カップルにおすすめの間取り&設備とは?間取りごとのメリット

 

カップル向けの間取りは1LDK?2DK?必要な設備もしっかり考えよう!


 

カップルに人気の間取りは「1LDK」「2DK」だと言われていますが、それぞれのメリット、デメリットについて解説していきます。

 

<1LDK>

 

個人の部屋は持たず、生活のすべてを共有のスペースでおこなうのがこの間取り。

 

広めのリビングを確保できるのがメリットで、2人でくつろげるソファなどを置くことも可能です。

 

またなによりも、常に一緒にいたいというカップルには最高の間取りといえるでしょう。

 

ただしケンカをしても逃げこむ場所がないというデメリットはあります。

 

また、仕事の時間帯が違うなど生活リズムにズレがあるカップルの場合は、相手の睡眠を妨害してしまうなどの可能性があります。

 

「生活リズムがズレているからこそ、1LDKにしてすれ違いをカバーしたい」という考え方もできますので、よく考えてみてくださいね。

 

<2DK>

 

2DKは、同棲しつつも自分の部屋がほしいというカップルにおすすめの間取りです。

 

その分、共有スペースは狭くなるので、一緒にダイニングで食事をとる程度の用途になるでしょう。

 

1人の時間がほしい、家で仕事をしている、部屋は自分の好きなインテリアにしたい、といったカップルにはメリットの多い間取りといえます。

 

また、1部屋を寝室にし、もう1部屋をリビングにするという方法もあります。

 

1LDKに比べるとそれぞれのスペースは狭くなりますが「食事をとる場所」「くつろぐ場所」「寝る場所」とメリハリをつけたい方には向いているかもしれません。

 

カップルにおすすめの間取り&設備とは?設備は家事を中心に考えよう

 

続いては、部屋探しの際に注目してほしい、部屋の「設備」についてご紹介していきます。

 

たとえば女性が重視する「モニター付きインターフォン」や「オートロック」といった防犯関連の設備であったり、「同棲するなら」とほしくなる「追い焚き機能」「2口以上のコンロ」という設備であったり…必要ないものまで欲張って条件に入れてしまうと無駄に家賃が上がってしまいます。

 

本当に必要なものなのか、互いの生活リズムや習慣、家事の範囲について同棲前に話し合うことが大切です。

 

これら以外にも「浴室乾燥機」「宅配ボックス」「マンション専用のゴミ捨て場」といった設備が考えられます。

 

基本的には、長く家にいる方、家事をよくする方の意見を尊重して考えていくとスムーズでしょう。

 

せっかく追い焚き機能付きにしたのに、彼氏はほとんどお湯に浸からない人だった…なんてことにならないようにしましょうね。

 

まとめ

 

例え仲良しカップルでも「常に一緒にいたい」「一人の時間も大切にしたい」など、価値観や性格は人によって違います。

 

そういった意味でも、部屋探しは同棲前に互いの理解を深めるいい機会なのかもしれません。

 

先を長く見据えたうえで、お互いにとって最適な間取りや設備を考えてみてくださいね。

 

長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋にお任せください!

 

売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
≪ 前へ|最近のツタヤ   記事一覧   引っ越しはタイミングが大切!賃貸の二重家賃を上手に回避する方法|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約