株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却をするうえでより良いタイミングとは

不動産売却をするうえでより良いタイミングとは

≪ 前へ|柿の木   記事一覧   売地|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

不動産売却をするうえでより良いタイミングとは

不動産売却を検討している方にとっては、せっかくの私財を売るわけなので、より好機を狙いたいですよね。
そんなお客様のために、売却するにあたっておすすめなタイミングや売却にかかる期間、売れやすい物件、など疑問にお答えいたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の「季節」における売却のタイミング

結論から申しますと、不動産売却に季節や時期はさほど気にする必要はありません。
理由は、残念ながら季節によって物件の価格が高騰するということはないからです。
もちろん、万博などをはじめ一部のイベントの開催において、変動が考えられる物件はございます。
家や土地の売買が活発におこなわれる時期は1~3月、9~11月、いわゆるこの時期は不動産屋にとって繁忙期であり、その前2か月ほどが閑散期です。
新入生や新社会人の部屋決めがおこなわれる春と、社会人の異動や転勤発表がある秋に不動産屋にとっての正念場が到来します。
しかし不動産は、繁忙期はあれど常に活性している市場です。
時期を計って業者に相談をするというよりも、お客様が売りたいと思ったときに売却をされることが、一番のベストなタイミングだと考えています。
ただ「早く売って、早く買い手がついてほしい!」とお考えであれば、繁忙期前に売る準備をしたほうが良いでしょう。
なぜなら、繁忙期は買い手が多く動くタイミングで、そのため購入されるチャンスが早く訪れるということです。
その時期に引き渡し契約ができる状態にしておけるように逆算して売却をすることをおすすめします。

不動産の「築年数」における売却のタイミング

売れやすい物件の特徴は「価格」「内装」「立地」「アクセス」など、さまざまな要因があります。
なかでも戸建て物件には「築年数」によって売れやすいものが多いということがわかっており、季節や時期というよりも建物の状態を気にされている買い手が多いようです。
また、築浅と分類されるおおよそ5年以内の物件は比較的早く成約が決まりやすく、築20年を超える物件は売却に不利な傾向があるので注意が必要です。
そのような物件は経年劣化による箇所をリフォームでカバーをしたり、値引きでの対応をしたりする必要があります。

必見|株式会社正木屋の物件一覧

まとめ

不動産の売却に最適な時期は特にありませんが、物件の築年数が大きく関係してくることをお伝えしました。
あくまでも目安ですが、平均的に土地を売り始めて2~3か月で買い手が決まり、そこから半年ほどかけて引き渡しが完了します。
このように長期戦になる不動産売却のサポートや売り手と買い手のニーズに合わせた売却のお手伝いをしますので、お気軽にご相談ください。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋にお任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|柿の木   記事一覧   売地|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約