株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却でかかる費用を一覧でご紹介!それぞれの目安を参考にスムーズな売却を

不動産売却でかかる費用を一覧でご紹介!それぞれの目安を参考にスムーズな売却を

≪ 前へ|昼寝姿   記事一覧   キャットタワー|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

不動産売却でかかる費用を一覧でご紹介!それぞれの目安を参考にスムーズな売却を

所有する建物や土地などの不動産を売却する際は、売却価格がそのまま手元に入るわけではなく、さまざまな諸費用が発生します。
実際に売却する際に、「こんなにかかるとは思わなかった」とならないためにも、事前にどのような費用がどのくらいかかるか目安を知りたいですよね。
この記事ではこれから不動産売却をお考えの方へ向けて、売却にかかる諸費用の内訳一覧や、実際にかかる金額の目安についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却にかかる諸費用一覧

不動産売却では、一般的に売却価格の4~6%ほどの諸費用が発生すると言われています。
それぞれ不動産会社に支払うものや、手続き時に司法書士へ支払うものまでさまざまですので、一覧にてご紹介します。

●仲介手数料
●印紙税
●抵当権抹消時にかかる登記費用
●譲渡所得税、住民税
●測量費用
●解体費用

不動産売却にかかる費用の内容と金額の目安

不動産を売却する際にかかる費用はさまざまですが、それぞれどんな内容で、どのくらいの金額がかかるか目安を知っておくと安心です。

仲介手数料

不動産を売却する際は、不動産会社を介して売買活動をおこなうことが一般的で、仲介手数料が発生します。
仲介手数料は売買契約時と決済後に支払うもので、400万円を超える取引の場合、売却額×3%に6万円を足した金額に消費税が課税されます。

印紙税

不動産売却が確定すると売買契約書を作成しますが、契約書には印紙を貼る必要があります
印紙税は売買価格が1000万円から5000万円までは1万円、5000万円から1億円以下は3万円など、売却価格によって金額が定められています。

抵当権抹消時にかかる登記費用

不動産を手放す際に住宅ローンが残っていた場合は「抵当権」を抹消しなければならず、この登記費用を司法書士に支払います。
登記費用にかかる金額は、2万円から3万円ほどが目安と言われています。

譲渡所得税、住民税

不動産売却で資金を得た場合は確定申告をする必要があります。
売却から期間があくと忘れがちになりますが、あとから焦らないためにもしっかり覚えておきましょう。

測量費用

古い土地で隣の敷地との境い目が曖昧など、境界をはっきりさせる場合には測量費用が発生します
測量費用の目安は50万円から100万円で、売り主がすべてを負担します。

解体費用

建物を解体して更地にする場合は、解体にかかる費用がかかります。
木造や鉄筋などの造り種類や、広さ・大きさによって解体費用は変わり、諸費用のなかでは1番高額になる可能性があります。

要チェック|売却査定

まとめ

不動産売却では売却資金を丸々得るだけでなく、さまざまな諸費用が発生します。
いざというときに焦らないためにも、一覧を目安にどの費用がどのくらいかかるか把握しておきましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|昼寝姿   記事一覧   キャットタワー|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約