マイホームを売るなら売却前にリフォームは必要か?

正木屋の不動産知識【売買編】

マイホームを売るなら売却前にリフォームは必要か?

マイホームを手放すのなら「できれば高く売りたい」と考えるのは自然なことです。
自分の住んでいた家が高く査定されることを目指し、売却前にリフォームする人も多くいます。
マイホームを売却するときのリフォームの必要性の有無や費用対効果についてポイントを押さえておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームを売るなら売却前にリフォームにお金をかけるべきか?

マイホームを売る場合、築年数や管理状況、瑕疵の有無、立地条件などが総合的に判断されます。
リフォーム内容が物件の見た目を良くするための内外装工事であれば、残念ながら、お金をかけてもあまり評価額アップには効果はありません。
なぜなら、外見がよくても構造部分に問題があれば賠償責任の対象となってしまい、そのままでは売れないからです。
構造上の問題には、床の傾きや雨漏り、新耐震基準に適合しているかどうかなどがあります。
構造部分から修繕する大がかりなリフォームに費用をかけるべきか悩むのであれば、決断する前に不動産会社に物件の査定を依頼するのが賢明です。
複数の不動産会社でマイホームの評価額を確認するとよいでしょう。
その上でわずかなリフォームで評価が上がると判断できればリフォームに費用をかけても無駄にはなりません。

マイホーム売却前にリフォームが必要なケースとその場合の費用について

物件の構造に問題がなく立地条件も良ければマイホームの早期売却が期待できます。
そのような物件は内覧会で購入希望者を募りますが、壁紙がはがれていたり床のシミが目立っていたりすると悪いイメーを抱かれてしまい逆効果です。
その場合は、リフォームですっきりときれいな部屋にしてから公開するとよいでしょう。
リフォームにかける費用の目安は100万円から200万円くらいです。
これは、見た目をきれいにしても物件の査定額アップが期待できるのが200万円程度までだからです。
もし物件に床の傾きなど構造上の問題があり、さらに老朽化が目立っている場合、修繕費は非常に高額になる恐れがあります。
手を加えずに1,000万円で売却できる物件を500万円かけてリフォームしても1,200万円程度の評価しかされないのであれば、リフォームはすべきではないでしょう。
そういった物件はリフォームして仲介売却するのではなく、そのままの状態で不動産会社に直接売却することをご検討ください。

まとめ

マイホームを売却するときに重要視されるのは外観よりも構造です。
事前説明の必要な瑕疵はないか、耐震構造はどうなっているかなど確認するべき事項はたくさんあります。
売却前のリフォームに費用をかけるべきかどうかは不動産業者など専門家に相談して相場やニーズを確認してから決めるようにしましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 住宅ローンの滞納無しに任意売却できる?メリットも解説!の画像

    住宅ローンの滞納無しに任意売却できる?メリットも解説!

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 空き家の固定資産税が6倍になる?必要な対策についてご紹介の画像

    空き家の固定資産税が6倍になる?必要な対策についてご紹介

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 子なし夫婦の不動産相続!トラブルを避けるための対策をご紹介!の画像

    子なし夫婦の不動産相続!トラブルを避けるための対策をご紹介!

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 家の借地権とは?売却する方法や手続きの流れを解説の画像

    家の借地権とは?売却する方法や手続きの流れを解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 住み替えで物件が売れない理由は?事前にリスクを避ける方法や対処法を解説の画像

    住み替えで物件が売れない理由は?事前にリスクを避ける方法や対処法を解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 介護をきっかけに不動産を売却するときのポイント!親を説得する方法も解説の画像

    介護をきっかけに不動産を売却するときのポイント!親を説得する方法も解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

もっと見る