株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 注文住宅の売却は要注意!その不動産をうまく売るにはコツが必要

注文住宅の売却は要注意!その不動産をうまく売るにはコツが必要

≪ 前へ|朝の様子   記事一覧   3月中に入居可能な物件が出てきましたねぇ(^_^)|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

注文住宅の売却は要注意!その不動産をうまく売るにはコツが必要

これから売却したい不動産がこだわりを持って作られた注文住宅だった場合、うまく売るにはコツを必要とすることが多いです。
できる限り希望する条件で売れるよう、改めて確認したい物件の種類や特徴のほか、注文住宅をうまく売るためのコツについてここで紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

注文住宅ではコツが必要!?不動産の売却前に確認したい物件の種類と特徴

注文住宅とは購入者のさまざまな注文を基にした家で、いわばオーダーメイドで建てられたものだといえるでしょう。
個別性の高さにより建築費用がかさみやすいのですが、憧れや夢が叶うこだわりの家を建てられるため、この住宅が選ばれることも少なくありません。
デザイナーズ住宅のような非常に個性的な間取りをはじめ、さまざまな希望を柔軟に取り入れられることが大きなメリットです。
一方の建売住宅とはいわば出来合いの家で、購入者が注文する時点ですでに完成していることも多いです。
家の設計をプロがすべておこなっている関係で間取りなどのバランスがよく、誰にとっても適度な住み心地があります。
さらに、建築と販売の効率を上げるため、間取りや建材などがすべて規格化されていることも多く、注文住宅よりも価格を抑えられます。
このようにそれぞれの住宅で特徴が異なり、売却のしやすさにも影響するため、改めてご確認ください。

注文住宅の売却はなぜ難しい?その不動産をうまく売るコツとは?

施主のためだけに建てられたオーダーメイドの家ですので、誰にとってもよい住宅とは限りません。
むしろ第三者にとっては見栄えや住み心地が今一つに感じられることも多く、市場での人気はあまり高くないのが一般的です。
さらに、建築時に高額な費用を投じているため、希望する売値が自然と高まりやすいことも売れにくい理由に挙げられます。
注文住宅をうまく売るためには、ターゲットを厳選したうえで、その家の魅力をしっかりと強調することが大切です。
一般的な人気はあまり高くなくとも、共通の考えや好みを持っている方には大変魅力的な住宅です。
アプローチすべき買主の属性をしっかりと想定し、その相手が魅力を感じるように売り出してみてください。
ただし、対象者はどうしても限られますので、購入希望者が即座に現れることはあまり期待できません。
時間がかかることは十分に想定しておき、腰を据えて根気よく待つことが大切です。
売却を急ぎたい場合や、どうしても売れない場合、最後の手段として売値を見直すことも考えるとよいでしょう。

まとめ

注文住宅がオーダーメイドで建てられた素敵な家だからこそ、不特定多数からの人気はどうしても出づらいものです。
それでも希望の期間や価格でしっかりと売れるよう、売却時には紹介したコツをぜひ参考にしてみてください。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|朝の様子   記事一覧   3月中に入居可能な物件が出てきましたねぇ(^_^)|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約