電話番号

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の浴槽が破損してしまったらどうする?修理費用についてもチェック!

賃貸物件の浴槽が破損してしまったらどうする?修理費用についてもチェック!

≪ 前へ|祝!高田若槻線開通!   記事一覧   年度末|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【賃貸編】

賃貸物件の浴槽が破損してしまったらどうする?修理費用についてもチェック!

賃貸物件に入居したものの、生活しているうちにさまざまな設備故障が発生することがあります。
そのような場合どういった対処をすればいいのでしょうか?
今回は賃貸物件の設備のなかでも、毎日使うお風呂場、とくに浴槽にヒビが入ってしまったケースの解決方法を扱いましょう。
浴槽が破損してしまった場合の修理費用の負担について、また破損のケースごとに実際にかかる修理費用の相場について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の浴槽が破損!トラブルを起こさない解決方法とは?

ある日、お風呂に浸かっていたら浴槽にヒビが…。
浴槽の破損に気付いたら、すぐに業者に修理依頼をするのではなく、まずは大家さんか管理会社へ連絡しましょう。
あわせて契約書の内容も確認してください。
大家さんと借主のどちらが費用負担をするかについて、原則として経年劣化による破損の場合は、借主の原状回復義務には含まれず、大家さん負担で修理する旨が記載されている場合がほとんどです。
もしも契約書に記載がなかった場合は、大家さんと直接交渉することになります。
一般的に、故意の破損であった場合は借主負担となりますが、経年劣化による場合は大家さん負担になるため、全額負担や保険適用など理不尽なことを言われた場合にはすべて受け入れるのではなく、納得がいくまで話し合いましょう。
後のトラブルを防ぐためにも、こうした交渉段階をきちんと踏んでから修理依頼をするように心掛けてくださいね。

賃貸物件の浴槽が破損したらいくらかかる?修繕費用の相場とは

浴槽の破損とひとくちにいってもさまざまなケースがあるでしょう。
たとえば浴槽の塗装のみにヒビが入る場合があります。
これは経年劣化で起こるケースがほとんどで、塗装のみの修繕の場合の費用相場は7万~15万ほど、浴槽自体の交換ともなれば10万~50万かかります。
また、経年劣化や重い物をぶつけてしまうなどして、浴槽自体が割れてしまった場合や浴槽自体に穴が開いてしまった場合、そこまで大きなダメージがなく部分修理で済むケースであれば4万~10万、大きなヒビで浴槽入れ替えが必要な場合は10万~50万の修繕費用が必要となります。
いずれにしても多額の費用が必要になる可能性があるため、経年劣化による破損かどうかが重要なポイントになるでしょう。

まとめ

今回は浴槽にヒビが入ってしまったケースの解決方法を解説しました。
浴槽の破損は、経年劣化によって十分起こりうるトラブルです。
万が一の場合に備え、契約段階できちんと原状回復義務について確認しておくと、もしもの時にも安心して対処できますよ。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|祝!高田若槻線開通!   記事一覧   年度末|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る

来店予約