電話番号

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸で実際の広さがせまいと感じた!ギャップを埋めるための対策とは?

賃貸で実際の広さがせまいと感じた!ギャップを埋めるための対策とは?

≪ 前へ|祝!1歳!   記事一覧   ネコが喜ぶ動画|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【賃貸編】

賃貸で実際の広さがせまいと感じた!ギャップを埋めるための対策とは?

賃貸物件を探す際は、まず条件で絞って、図面などの情報をチェックしますよね。
ですが、実際に内見してみると、図面でのイメージと比べてせまいと感じることがあるかもしれません。
今回は、図面と内見のギャップが生じる理由や対策にフォーカスします。
ぜひ、快適に暮らすための参考にしてみてくださいね。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸で実際の広さがせまいと感じた!図面と内見のギャップが生じる理由は?

賃貸で実際の広さがせまいと感じる理由は、専有面積とその計算方法にからくりがあります。
そもそも専有面積とは、室内において借主が自由に使用できる部分の床面積のことです。
バルコニーや玄関前のポーチはこれに該当しないため、専有面積の対象外とみなされます。
ロフトも建築基準法で床面積に該当しないため、専有面積に含まれません。
一方、収納や水回り・廊下などは専有面積の対象として扱われます。
専有面積の計算方法には壁芯面積と内法面積の2種類があり、壁の内側を計測している内法面積のほうが実際に、せまいと感じやすいでしょう。
賃貸物件では、多くの場合、この内法面積が利用されています。
これらを踏まえると、下記の理由で、図面と内見のギャップが生じるといえるでしょう。

●収納や廊下の占める面積が多い
専有面積に含まれるものの生活するスペースではないため、実際に物件を見ると、せまいと感じることがあるでしょう。

●掲載写真が広く見えた
広角カメラで撮影していると、実際よりも広く見えるケースがあります。
内法面積においては、内見時に、よりせまいと感じるかもしれません。

●天井の高さが低い
天井が低いと実際の面積よりせまいと感じるケースもあります。

賃貸で実際の広さがせまいと思ったら?ギャップを埋める対策をチェック

賃貸物件において図面と内見時のギャップを埋めるための対策は、下記の3つです。

●内見時に細かく計測する
内見時に細かく計測し、家具の配置を考えておくと、過ごしやすい部屋になるためギャップを埋められます。
収納スペースもきちんと測って、必要な広さが確保できる物件を選択できるとよいですね。

●壁紙が明るく天井が高めの物件を選択する
明るい色の壁紙は、視覚効果で部屋が広く見えます。
また、天井の高さは2m40cmが目安です。
これよりも低いとせまいと感じやすいため、注意しましょう。

●窓が広めの物件を選択する
窓が大きいと採光がしやすく、明るい部屋が確保できます。
開放感もあるため、部屋が広く感じられますよ。

まとめ

今回は、賃貸物件の実際の広さが図面よりせまいと感じる理由や対策について詳しく紹介しました。
物件を探す際や内見時に少し手間をかけるだけで、入居後は快適な生活が待っています。
広さに対するギャップを埋めるために、しっかりと計画を立てて準備しておきましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|祝!1歳!   記事一覧   ネコが喜ぶ動画|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約