角地の不動産のメリットとデメリットとは?角地を上手に売却するコツも!

正木屋の不動産知識【売買編】

角地の不動産のメリットとデメリットとは?角地を上手に売却するコツも!

角地にある不動産は人気が高いため、売却しやすいというイメージが強いのではないでしょうか?
確かに角地の資産価値は高いとされ、両側を建物に挟まれない角地ならではのメリットがあります。
しかし、その一方で角地だからこそのデメリットがあるのも忘れてはいけません。
そこで今回は、角地のメリット・デメリット、そして角地をうまく売却するコツをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却がしやすいともいわれる角地のメリットとデメリットとは

メリット

●陽当たりがいい
●風通しがいい
●間取り設計の自由度が高い
●防犯リスクが低い
●資産価値が高い


両サイドが建物と接する土地に比べ、道路と接する面が多い角地は、窓を多く設けることで、陽当たりや風通しがいいことが魅力です。
陽当たりがいいことで室内は明るく、風通しがいいことでカビの発生を抑えられます。
また、玄関の場所を選べるなど間取りの自由度が高いことも、角地のメリットといえます。
人目につきやすい場所でもあるため、防犯面でのリスクが低いこともメリットでしょう。
これらのメリットから角地は人気が高く、資産価値が高いことも角地の魅力です。

デメリット

●購入費や税金が高い
●外構費がかかるケースもある
●3階建てが建てられないことも


角地のデメリットは、コスト面です。
固定資産税などの税金は、土地の価格によって税率が変わるため、購入費と税金ともに高い傾向にあります。
また、人目につきやすいことは防犯上のメリットはありますが、プライバシーを保護しにくく、場合によっては塀を建てるなど外構費がかかるケースもあります。
斜線制限が設けられている自治体では、3階建てを建てられないことがデメリットになるでしょう。

メリットをアピール!角地の不動産を上手に売却するコツ

角地だけでなく、不動産売却全般にいえることですが、上手に売却するためにはメリットをうまくアピールすることが重要です。
角地のデメリットは、メリットの裏返しでもあります。
「人目にはつきやすいですが、防犯面では安心です」など、デメリットをメリットでうまくカバーしてアピールすることで、買主の購入意欲を高めましょう。
不動産そのもののメリットだけでなく、周辺環境も上手にアピールすることでよりスムーズな売却につながる可能性も高まります。

まとめ

デメリットを払拭して上手に売却活動をおこなうためには、経験豊富な不動産会社に依頼することも大切です。
メリットをうまくアピールしてくれる不動産会社を選んでくださいね。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 老後に家を売ってはいけない?理由や住み替えと資金調達の方法を解説の画像

    老後に家を売ってはいけない?理由や住み替えと資金調達の方法を解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • お金がないときに家を売る方法とは?費用ややってはいけないことを解説の画像

    お金がないときに家を売る方法とは?費用ややってはいけないことを解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 不動産売却を進める前に査定だけを一度受けるのは可能?注意点も解説!の画像

    不動産売却を進める前に査定だけを一度受けるのは可能?注意点も解説!

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 居住中で内覧のストレスを感じる理由は?対処法や内覧なしの売却方法を解説の画像

    居住中で内覧のストレスを感じる理由は?対処法や内覧なしの売却方法を解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 不動産終活のやり方とは?整理する方法や注意点をご紹介の画像

    不動産終活のやり方とは?整理する方法や注意点をご紹介

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 不動産売却時には無料査定でも良い?よくあるトラブルの回避法も解説!の画像

    不動産売却時には無料査定でも良い?よくあるトラブルの回避法も解説!

    正木屋の不動産知識【売買編】

もっと見る