不動産の親族間売買とは?おこなうメリットや流れも解説

正木屋の不動産知識【売買編】

不動産の親族間売買とは?おこなうメリットや流れも解説

不動産の売買を親と子、兄弟間など、親族の間でおこなうことを親族間売買といいます。
一般的な不動産売買と違ってスムーズに進みそうなイメージがありますが、実は親族間ならではの注意点もあるので確認が必要です。
今回は、親族間売買とは何なのかを、メリットとデメリット、売買の流れも含めてご紹介しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の親族間売買とは?

親族間売買とは、不動産を親族間で売買することをいいます。
相続税や贈与税の発生を防ぐために、親から子へ不動産の売買がおこなわれるケースは珍しくないのです。
一般的な不動産売買とそこまで大きな違いはありませんが、売却価格を安くしすぎると「みなし贈与」と判断されて、贈与税の課税対象になってしまいます。
「親族間なのでとにかく安く売買したい」と考えると逆に損をする可能性があるため、売却価格は十分慎重に検討して決めてください。
また、親族間だと住宅ローン審査も通常より厳しくなります。
これは、融資したお金がほかの目的で使われる可能性が考えられるためで、なかには審査自体をおこなっていない金融機関もあるのです。

不動産の親族間売買をおこなうメリットとデメリット

前述したように不動産の親族間売買は相続対策としても有効なため、相続の際に起こりがちな親族トラブルを防ぐことにも役立ちます。
また、支払うタイミングや分割方法なども双方の話し合いで決められるので、売り主にとっても買い主にとっても、都合のよい売買ができる可能性が高いのもメリットでしょう。
長年住み続けた家を知らない人に売却するより、よく知った親族に売って住んでもらうほうが安心でもあります。
ただし、贈与税がかかる可能性があることや住宅ローン審査にとおりにくいこと以外にも、特別控除が適用されないケースもあるなど、デメリットについても考えておかなければなりません。

不動産の親族間売買をおこなう流れ

親族間売買をおこなう際には、まず、不動産の状態を確認するために、登記簿謄本を取得します。
不動産の所有者名義に間違えはないか、抵当権は設定されていないかなどを確認してから、売却したい不動産の相場を調べてください。
その上で売買価格を決定し、支払い方法や引き渡し時期などの条件を決めていきます。
たとえ親族間の売買であっても何らかのトラブルが発生する可能性はあるため、それを防ぐために不動産売買契約書を作成しておきましょう。
売買契約を交わしたら名義変更手続きをおこない、引き渡しという流れになります。

まとめ

不動産の親族間売買には、安心して売却できることやトラブルが発生しにくいことなどのメリットがあります。
しかし、場合によっては贈与税が発生したり住宅ローンを組めなかったりすることもあるため、慎重に検討する必要があるでしょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 住宅ローンの滞納無しに任意売却できる?メリットも解説!の画像

    住宅ローンの滞納無しに任意売却できる?メリットも解説!

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 空き家の固定資産税が6倍になる?必要な対策についてご紹介の画像

    空き家の固定資産税が6倍になる?必要な対策についてご紹介

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 子なし夫婦の不動産相続!トラブルを避けるための対策をご紹介!の画像

    子なし夫婦の不動産相続!トラブルを避けるための対策をご紹介!

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 家の借地権とは?売却する方法や手続きの流れを解説の画像

    家の借地権とは?売却する方法や手続きの流れを解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 住み替えで物件が売れない理由は?事前にリスクを避ける方法や対処法を解説の画像

    住み替えで物件が売れない理由は?事前にリスクを避ける方法や対処法を解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 介護をきっかけに不動産を売却するときのポイント!親を説得する方法も解説の画像

    介護をきっかけに不動産を売却するときのポイント!親を説得する方法も解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

もっと見る