不動産売却における「公簿売買」とはどういう売買方法なのか?メリット・デメリットもご紹介

正木屋の不動産知識【売買編】

不動産売却における「公簿売買」とはどういう売買方法なのか?メリット・デメリットもご紹介

不動産売却の際必ず必要になって来るのが土地の売買契約ですが、「公簿売買」と「実測売買」それぞれのメリットやデメリットについてきちんと把握していますか?
今回は2つの契約方式の違いに触れつつ、公簿売買に焦点を当てて解説していきます。
ちなみにこの記事で言うメリットとは、売主側の目線でみたものになっています。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における「公簿売買」のメリットとは?

公簿売買とは、登記簿に記載された面積をもとに土地の売買をする契約方式のことです。
冒頭でも書いたように土地の売買については2種類の契約方式がありますが、より一般的とされているのは公簿売買のほうです。
なぜかというと、この契約方式では測量をする必要がないので取引にかかる時間が短縮され、その分コストも削減できるという利点があるからです。
もちろん、土地の面積はきちんと把握しておくべきだという意見があるとは思います。
しかし、確定実測をする場合一般的な住宅でも50万円から60万円必要になり、最低でも1か月、長くなると3か月かかります。
そして売主側は測量を義務付けられてはいないので、この契約方式が一般的となるのも納得がいきます。
逆に実測販売では、売買の際に改めて測量をおこなうためこの2つは対となる契約方式といえます。

不動産売却における「公簿売買」のデメリットとは?

時間とお金を節約している分、やっぱりデメリットがあります。
それは、実際の面積が登記簿に記載されている面積よりも大きかった場合に損をしてしまうということです。
実は登記簿に記載されている土地の情報は、かなり古いものがあるため、改めて測量してみると面積が大きかったというのはよくある話なのです。
測量の費用以上に損してしまうのを避けるため、高額で大きな不動産売却をお考えの方には実測販売がおすすめです。
逆に、実際の面積のほうが小さいこともあります。
この場合は売主側が得をしているように思えますが、買主側とトラブルになる可能性があるので両者にとってデメリットになります。
しかし、契約書に「実際の面積との差額はあとから請求することはできない」という内容の条文が書かれています。
トラブルになったとしても、その点はご安心ください。

まとめ

ここまで、公簿売買とは何なのか、そしてそのメリットやデメリットをご紹介してきました。
不動産売却には多くの手続きが必要で正直面倒だというのがみなさんの本音だと思います。
時間とお金の節約のためにも、一般的な住宅などの売却を検討している方は公簿売買で売却を進めてみてはいかがでしょうか。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 任意売却における抵当権消滅請求とは?代価弁済との違いや請求時のポイントの画像

    任意売却における抵当権消滅請求とは?代価弁済との違いや請求時のポイント

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 不動産売却のクーリングオフは可能?制度の適用条件と注意点を解説の画像

    不動産売却のクーリングオフは可能?制度の適用条件と注意点を解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 住宅ローンの返済額を減額するには?総返済額や売却する方法についても解説の画像

    住宅ローンの返済額を減額するには?総返済額や売却する方法についても解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 家の売却時にやってはいけない行動は?売却時のタイミングごとに解説の画像

    家の売却時にやってはいけない行動は?売却時のタイミングごとに解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 家が売れないとストレス!感じているときに知っておきたいポイントの画像

    家が売れないとストレス!感じているときに知っておきたいポイント

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 老後の家が広すぎる場合は住み替えがおすすめ!その理由を事例とともに解説の画像

    老後の家が広すぎる場合は住み替えがおすすめ!その理由を事例とともに解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

もっと見る