電話番号

営業時間:
平日10:00~18:00 土日祝10:00~17:00
定休日:
水曜日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 日の出日の入り

日の出日の入り

≪ 前へ|冬の風物詩   記事一覧   土地の売却で知っておきたい分筆とは?分割との違いもご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:正木屋日記


今朝の6時40分、朝日が登る瞬間です。


日に日に朝晩は寒くなってきましたが、


日中はまだ暖かいので助かります。





上は長野市の日の出日の入り時刻です。


今日は12月4日ですので、日の出は6時44分31秒、日の入りは16時31分16秒です。


日照時間は9時間47分45秒。


最近、日の出ている時間が短いと感じるわけです。




今年の冬至は12月22日。


22日の日の出は6時56分08秒、16時35分25秒です。


日照時間は9時間39分16秒。


今日よりも8分近く短くなるようです。


流石、一年で一番日照時間が短い日です。




ただ、今日と冬至を比べてみると、


今日の日の出が6時44分で冬至が6時56分で12分遅くなりますが、


今日の日の入りは16時31分で冬至が16時35分と4分遅くなります。


冬至の日の入りが一番遅いわけではありません。




日の出日の入りに関してもっと詳しく見てみると、


日の出が一番遅いのは来年1月6日、7日の6時59分52秒、


日の入りが一番早いのは明後日12月6日の16時31分12秒です。


1月6日、7日のほうが冬至よりも日の出が3分程遅くなります。




これは、当然ですが毎年同じようになっており、


日の出が一番遅いのが1月6日~7日頃、


日の入りが一番早いのが12月6日~7日頃となっております。





個人的には、日の入りが遅いと春が近づいていく気分になるので、嬉しいです。


ですので、明後日以降は日の入りが遅くなっていくので春が近づいていくもの、


と勝手な解釈をして楽しい気持ちで過ごしていこうと思います。





去年見たときは似ていないと思っておりましたが、


最近、太ったせいかちょっと似てきました。。。

目つきもこういう時が多いです。
≪ 前へ|冬の風物詩   記事一覧   土地の売却で知っておきたい分筆とは?分割との違いもご紹介!|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る

来店予約