不動産売却前に知りたい!高度地区にある物件をうまく売るコツを解説

正木屋の不動産知識【売買編】

不動産売却前に知りたい!高度地区にある物件をうまく売るコツを解説

これまで何気なく使用していた不動産が、実は特殊な制限のある区域に位置していることも少なくありません。
現在の所有者には問題なくとも、新たに持ち主となる方には関係することがあるので、不動産売却にあたって意識しておきましょう。
今回は、高度地区の基本情報や該当の物件をうまく売るコツを解説するので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

高度地区とは?不動産売却前に知りたい基本情報

建物は持ち主が自由に設計できるとは限らず、さまざまな制限が課されていることも多いです。
建物の高さも制限を受けやすい条件であり、地域全体で建造物の高さが規定されている区域のことを高度地区といいます。
高度地区では、一定以上の高さの建物は造らないように規制されることが多いです。
しかし、規制の方向性や詳細は、建物の高さを制限する目的によっても異なります。
美しい街並みを保存している地域では、景観を壊さないために一定以上の高さの建物が規制されることが多いです。
日当たりの確保を目的にした高さ制限なら、建物北側に関しては制限が入るなど、方角により付される場合もあります。
周囲に工場が多い工業地帯では、高さがないと弊害が生じてしまう可能性もあるため、最低限の高さが定められることもあるのです。
このように方向性や詳細はさまざまですが、建物の高さに制限があるのが高度地区の特徴です。
該当地区にある不動産を売買する際には、買主に知らせる必要があるため、売却する際は注意しましょう。

高度地区にある不動産をうまく売却するコツ

売却する不動産が高度地区に位置する場合、売主の説明責任はしっかり果たしておくようにしましょう。
冒頭でも触れたとおり、売主は高度地区の影響をとくに受けなかったとしても、買主も同じとは限りません。
買主の希望が叶わなかった場合、売主の説明責任が不十分だったと主張されることもありえます。
訴訟にまで発展する恐れもあるので、高度地区に該当する場合は物件に課される制限をできるだけ具体的に伝えておきましょう。
該当の物件における買主の運用計画を確認しておくことも、大切なポイントです。
地域の制限をくわしく伝えつつ、買主が今後どのように利用するか運用計画を確認することで、思わぬトラブルに発展するリスクを減らせるでしょう。

まとめ

高さ制限のある区域の物件は、建物に高さ制限が課されます。
制限を感じることなく過ごしてきた場合は見落としやすいポイントですが、買主には大事な内容です。
売買を円満に終えるために売主もしっかり意識しておき、忘れずに買主へと伝えておきましょう。
売買を円満に終えるために売主もしっかり意識しておき、忘れずに買主へと伝えておきましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説の画像

    不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説

  • 不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説の画像

    不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説

  • 不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!の画像

    不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!

  • 不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介の画像

    不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介

  • 中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説の画像

    中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説

  • 非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説の画像

    非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説

もっと見る