026-241-3860

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 家を売却するとき仏壇はどうする?処分方法を解説

家を売却するとき仏壇はどうする?処分方法を解説

≪ 前へ|確信犯   記事一覧   お気に入りの場所|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】


現在住んでいるマイホームを売るとき、仏壇の処分に困ることはかなり多いでしょう。
ここでは、家を売却するときの仏壇の処分方法、注意点について解説していきます。
売ろうと検討している方、悩んでいる方は、ぜひチェックしておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

家を売却するとき仏壇はどうする?処分の方法

処分方法は、粗大ごみとして回収に出す、不用品回収業者へ依頼する、お寺や神社に処分を依頼するやり方があります。
大切なものだからこそ処分法に悩むと思いますが、正しい処分法を理解しておきましょう。

粗大ごみとして回収に出す

自治体によって回収方法などは異なりますが、粗大ごみ回収に出しましょう。
サイズ制限や費用については各自治体に相談しておき、事前申し込み、回収に出してください。

不用品回収業者へ依頼する

不用品回収業者へ依頼し、回収してもらうやり方です。
電話やネットから相談、予約できますが、事前に金額をチェックすることをおすすめします。

お寺や神社に処分を依頼する方法

捨てたくはないが手放したいと考えている方は、お寺や神社へ供養とともに処分を依頼しましょう。
もちろん処分費がかかるものなので、事前に資金面での準備も必要です。

家を売却するとき仏壇はどうする?注意点

処分時は、供養を忘れない、位牌はどうするか相談する、破棄する場合は魂抜きを依頼しましょう。

供養を忘れない

売却時の処分とは言え、供養を忘れないようにしましょう。
先祖が祭られている仏壇だからこそ、ゴミとして扱うのではなく、大切に供養してから廃棄すると良いでしょう。

位牌はどうするか相談する

仏壇は処分しても位牌を残すという選択する方も多くいます。
小さな位牌だからこそ残すのか、処分するのか悩むでしょう。
個人の情報が記載されていることから、処分する場合も大切に扱う必要があります。

破棄する場合は魂抜きを依頼

ただ廃棄するのではなく、魂抜きを依頼してから処分しましょう。
魂抜きをすることで、仏壇や位牌に個人の魂は亡くなった、空になった状態として廃棄できるでしょう。

まとめ

家を売却するときに仏壇の処分に困っている方も多いでしょう。
粗大ごみとして回収に出す、不用品回収業者へ依頼する、お寺や神社に処分を依頼するやり方があり、自分や家族が望む方法を選択しましょう。
供養を忘れない、位牌はどうするか相談する、破棄する場合は魂抜きすることを注意点として覚えておき、家族や親族と話し合い、納得いく処分法や残し方を選択してください。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|確信犯   記事一覧   お気に入りの場所|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約