年収700万円だと家賃目安はどのくらい?生活レベルについてもご紹介

正木屋の不動産知識【賃貸編】

年収700万円だと家賃目安はどのくらい?生活レベルについてもご紹介

賃貸物件の家賃は、年収とのバランスを考えて決めることが大切です。
無理なく月々の家賃を支払えて理想の生活を送るためには、年収に対してどのくらいの割合の家賃の物件を選べば良いのでしょうか。
今回は、年収700万円の場合の手取り額や家賃目安を、一人暮らし・家族がいる場合の生活レベルとともに解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

年収700万円の場合の手取り額はいくらになるのか?

家賃目安を知るためには、手取り額を確認しなければなりません。
手取り額とは総支給額から税金や保険料などを差し引いた「実際にもらう金額」のことで、一般的には総支給額の80%といわれています。
そして、毎月の手取り額はボーナスありの場合とボーナスなしの場合では異なるので、計算して確認してみると良いでしょう。
年収700万円だと年間手取り額は560万円前後になるため、ボーナスなしの場合は単純に「560万円÷12か月」で月々約46万円が手取り額になります。
ボーナスが月給の2か月分支給されると想定した場合は「560万円÷(12か月+2か月)」となり、手取り額は約40万円です。

年収700万円の場合の家賃目安はどのくらい?

一般的に「家賃の適正額は手取り額の3割まで」といわれています。
年収700万円の場合で当てはめると、12万~13.8万円が家賃目安です。
ただし、家族の人数や生活環境によって家賃にかけられる金額は変わってくるので、慎重に検討する必要があります。
たとえば、一人暮らしの場合だとそれほど広い家は必要ないので、家賃12万~13.8万円なら駅から近い物件や築年数の新しい物件も選べるでしょう。
家族がいる場合はある程度の部屋数が必要になるうえ、毎月家族分の支出が発生することになります。
一人暮らしの場合と同額の家賃を支払ってしまうと残るお金が少なくなるため、家賃を安めに抑えることを検討するのもおすすめです。

年収700万円だとどんな生活レベルなのか? 

一人暮らしの場合、家賃を差し引いた月々の生活費は平均13万円といわれているため、手取り額が40万円なら家賃12万円と生活費13万円を引いて15万円は自由に使うことが可能です。
多少贅沢な暮らしをしたり多めに貯金したりしても問題なく暮らせるのではないでしょうか。
一方、配偶者と子どもがいる場合の平均生活費は月29万円なので、同じく手取り額が40万円だとしたら家賃設定を下げなければ足りません。
同時に娯楽費なども切り詰め、貯蓄に回せる分を増やすことを考えるのがおすすめです。

まとめ

年収700万円の家賃目安を知るためには、まずは手取り額がいくらになるかを計算する必要があります。
同じ年収でも一人暮らしの場合と家族がいる場合では支出が大きく異なるため、しっかり計算したうえで借りる物件の家賃を考えていきましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

株式会社正木屋 メディア 担当ライター

株式会社正木屋は、長野市の賃貸アパート・マンションなどの賃貸物件や売買物件を豊富に取り揃えた不動産会社です。長野市で不動産をお探しなら、ぜひ弊社にお任せ下さい!ブログでは長野市や不動産売却等に関連したコンテンツをご紹介します。


”正木屋の不動産知識【賃貸編】”おすすめ記事

  • そろそろ学生さんのお部屋探しの時期です。の画像

    そろそろ学生さんのお部屋探しの時期です。

  • 正木屋は仲介手数料が半額です!の画像

    正木屋は仲介手数料が半額です!

  • 空き家を活用する住宅セーフティネット制度とは?登録方法とメリットを解説の画像

    空き家を活用する住宅セーフティネット制度とは?登録方法とメリットを解説

  • 同棲のタイミングはいつがベスト?準備することや学生が注意すべき点も解説の画像

    同棲のタイミングはいつがベスト?準備することや学生が注意すべき点も解説

  • 同棲カップルの家賃目安とは?負担割合や家賃を抑える方法も解説の画像

    同棲カップルの家賃目安とは?負担割合や家賃を抑える方法も解説

  • 二人暮らしに向いている間取りを比較して解説!の画像

    二人暮らしに向いている間取りを比較して解説!

もっと見る