任意売却のひとつ「単純売却」とは?メリット・デメリットと注意点を解説

正木屋の不動産知識【売買編】

任意売却のひとつ「単純売却」とは?メリット・デメリットと注意点を解説

不動産の売却を考えている方で単純売却についてよくわからないという方もいるでしょう。
任意売却の手続きにはさまざまなパターンがあり、単純売却はその中の一つの手法です。
今回の記事では、単純売却の概要や、利用する際のメリット・デメリット、注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

任意売却の手法にある単純売却とは?概要を解説

通常、住宅ローン残債のある不動産は売却できません。
売却代金で住宅ローンを完済することはできますが、残債より売却価格が低い場合は自己資金から補填することになります。
しかし、自己資金を準備してマイナス分を支払うのは困難であるため、不動産を売却できない状況になる場合が多いでしょう。
そのような場合は、任意売却の手法のひとつである単純売却を利用すると不動産売却が可能になります。
単純売却は任意売却のなかでも通常の不動産売却に近い形で売却できるため、不動産の所有により困窮している方の救済措置となる手法です。

単純売却のメリットとデメリットとは?

単純売却のメリットは、そのほかの任意売却の手法や競売と異なり、相場価格で売却できる可能性があることです。
残債のある不動産売却では売却代金を返済にあてるため、高値での売却は残債の減少につながります。
そのため、債権者の同意を得やすい点もメリットといえます。
しかし、条件の良くない不動産は売却までに時間がかかるほか、売買契約後は売主は住み続けられないため、引っ越し費用などの出費が発生することがデメリットです。

単純売却を利用する際の注意点とは?

単純売却は、通常の不動産売却とほぼ同様の流れでおこないます。
そのため、買主がいつ見つかるのか見当がつかず、場合によっては売却期間が長引くことが注意点の1つです。
売却スケジュールに余裕を持たせ、いつ買主が現れても良いように、不動産の清掃や引っ越しの準備を進めておきましょう。
買主は一般の方がほとんどであるため、内見準備として、家中をきちんとした状態にしておくことも大切です。
室内を整えて不動産の印象を高めるだけでなく、買主がすぐに入居できる状態にしておくと良いでしょう。

まとめ

単純売却は任意売却のなかでも一般的な不動産売却に近い方法であるため、競売やほかの任意売却に比べ、相場と変わらない金額での売却が期待できます。
しかし、通常の不動産売却と同様にいつ買主が現れるかわからず、条件によっては売却期間が長くなるため、ゆったりとしたスケジュールを組むことが大切です。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社正木屋への問い合わせはこちら


株式会社正木屋

株式会社正木屋は、長野市の賃貸アパート・マンションなどの賃貸物件や売買物件を豊富に取り揃えた不動産会社です。長野市で不動産をお探しなら、ぜひ弊社にお任せ下さい!ブログでは長野市や不動産売却等に関連したコンテンツをご紹介します。


”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説の画像

    不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説

  • 不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説の画像

    不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説

  • 不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!の画像

    不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!

  • 不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介の画像

    不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介

  • 中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説の画像

    中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説

  • 非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説の画像

    非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説

もっと見る