中古マンション売却でリースバックはできるか?利用時の注意点もご紹介

正木屋の不動産知識【売買編】

中古マンション売却でリースバックはできるか?利用時の注意点もご紹介

中古マンション売却を検討しているけれど、今住んでいる家から離れたくないと考えている方もいるでしょう。
そのような方には、リースバックがおすすめです。
売却したマンションを賃貸物件として借りて、住み続けられる仕組みです。
こちらの記事では、中古マンション売却でリースバックを利用できるか、一戸建てとの違いや利用時の注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンション売却にリースバックは利用できるか?

一戸建ての場合はリースバックが利用可能ですが、一部の会社ではマンションでの利用は不可としている場合があります。
その理由は、リースバックにおいて土地付き住宅が好まれており、マンションは管理費や修繕積立金がかかるためです。
また、マンション利用不可と明記していない場合も、問い合わせをすると対応していないと言われる場合があります。
さらに、利用時には審査を通過しなければなりません。
もしもリースバックが可能であっても、家賃は相場より高額に設定されるケースもあります。

中古マンション売却と一戸建て売却のリースバック利用状況の違い

一戸建ての場合、建物の状態や土地の形状を確認するため現地調査をおこないますが、マンションは不要です。
マンションの場合、現地調査の代わりに管理状況や修繕状況を確認します。
また、マンションの場合は築年数が査定に影響する点が、一戸建てとの違いとなります。
土地は経年劣化がないため、土地の比率が高い一戸建ての場合は、築年数が経過しても高い評価を得る可能性があるのです。
しかしマンションは建物の築年数を見るしかありません。
そのほか、マンションは買主が管理費や修繕積立金を負担する必要がありますが、一戸建てにそれらの費用は不要です。

中古マンション売却でリースバックを利用する際の注意点

リースバックを利用すると、賃貸物件に切り替わった際にマンションの管理組合から外れる可能性があります。
売却したと知られたくない場合でも、管理組合から外れたため周囲に知られてしまうのです。
また、立地が良くないマンションの場合、審査にとおらない可能性があります。
審査にとおらない場合に備えて、通常の中古マンション売却やリースバック以外の方法も検討すると良いでしょう。

まとめ

中古マンション売却でリースバックは利用できるか、一戸建てで利用する場合との違い、注意点をご紹介しました。
一戸建ては利用可能ですが、マンション利用不可のケースもあるため注意が必要です。
リースバック以外に通常の売却なども検討してみてはいかがでしょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社正木屋への問い合わせはこちら


株式会社正木屋

株式会社正木屋は、長野市の賃貸アパート・マンションなどの賃貸物件や売買物件を豊富に取り揃えた不動産会社です。長野市で不動産をお探しなら、ぜひ弊社にお任せ下さい!ブログでは長野市や不動産売却等に関連したコンテンツをご紹介します。


”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 抵当権抹消とは?手続きしないままでいるときの問題点と手続きの流れの画像

    抵当権抹消とは?手続きしないままでいるときの問題点と手続きの流れ

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 小規模宅地等の特例の必要書類は?共通と別居の親族と老人ホームごとに解説の画像

    小規模宅地等の特例の必要書類は?共通と別居の親族と老人ホームごとに解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 境界の立合いは必須?拒否されたときの対処法やトラブルの予防法を解説の画像

    境界の立合いは必須?拒否されたときの対処法やトラブルの予防法を解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 住み替えでは同じ不動産会社に依頼したほうが良い?注意点も解説の画像

    住み替えでは同じ不動産会社に依頼したほうが良い?注意点も解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 家の売却時にやってはいけない行動は?売却時のタイミングごとに解説の画像

    家の売却時にやってはいけない行動は?売却時のタイミングごとに解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 一戸建ての売却は難しい?売れない理由と売却しやすくする対策をご紹介の画像

    一戸建ての売却は難しい?売れない理由と売却しやすくする対策をご紹介

    正木屋の不動産知識【売買編】

もっと見る