病死があった物件は事故物件扱い?告知義務の有無や売却時の注意点をご紹介

正木屋の不動産知識【売買編】

病死があった物件は事故物件扱い?告知義務の有無や売却時の注意点をご紹介

不動産売却を検討している方のなかには「過去に病死があったから売却できるか心配」と感じる方がいるかもしれません。
病死があったからといって、必ずしも売却価格に影響が出るとは限りません。
この記事では、病死があった物件の告知義務や売却価格への影響、注意点などをご紹介します。

株式会社正木屋への問い合わせはこちら


病死があった物件は事故物件として告知義務がある?

不動産に心理的瑕疵があった場合、売主には告知義務が発生します。
心理的瑕疵とは、不動産売買において買主が心理的な抵抗を感じる状態を指します。
以前までは、病死があった物件が心理的瑕疵に該当するのかの判断が明確ではありませんでした。
そのため、国土交通省は「宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン」で明確な基準を示しました。
ガイドラインによると、結論として病死は突然起こり得るもので心理的瑕疵に該当せず、売主に告知義務はありません。
しかし、例外として「孤独死で発見が遅れた」「ニュースになるなどの影響があった」場合などは、告知義務が生じます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の浴槽が破損してしまったらどうする?修理費用についてもチェック!

病死があった物件の売却価格への影響

売却する不動産で病死が発生したとしても事故物件に該当しなければ、基本的に売却価格への影響はありません。
前述したとおり、一般的な病死は心理的瑕疵がないと判断されるため、事故物件として扱われないからです。
しかし、孤独死で発見が遅れて特殊清掃が必要になった・ニュースなどで報じられたなど、事故物件に該当する場合は、売却価格に影響が出ます。
具体的には、物件の状態や心理的瑕疵の内容によって、10~50%売却価格が下がるとされています。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

病死があった物件の売却方法や注意点

孤独死で発見が遅れた場合、特殊清掃が必要になるでしょう。
さらに、特殊清掃だけでは原状回復ができなければ、床・畳・壁紙のリフォームも検討しなければなりません。
病死でも発見が遅れたなどの理由で特殊清掃やリフォームが必要になると、告知義務が発生するため注意しましょう。
告知義務を果たさないと、売却後にトラブルが発生する可能性があります。
また、買主がなかなか現れない場合や、物件をできるだけ早く手放したい場合は、不動産買取も検討しましょう。
買取は一般的な売却と異なり、不動産会社が買主になるため早期売却が可能です。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

まとめ

病死があった物件には告知義務がありませんが、長期間放置された孤独死やニュースになった場合などは例外として告知が必要です。
事故物件として扱われなければ相場に近い価格で売却できますが、心理的瑕疵がある場合は10~50%の値下げが必要です。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋にお任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社正木屋への問い合わせはこちら


株式会社正木屋

株式会社正木屋は、長野市の賃貸アパート・マンションなどの賃貸物件や売買物件を豊富に取り揃えた不動産会社です。長野市で不動産をお探しなら、ぜひ弊社にお任せ下さい!ブログでは長野市や不動産売却等に関連したコンテンツをご紹介します。


”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説の画像

    不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説

  • 不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説の画像

    不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説

  • 不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!の画像

    不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!

  • 不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介の画像

    不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介

  • 中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説の画像

    中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説

  • 非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説の画像

    非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説

もっと見る