台風被害を受けた家を売却するリスクとは?スムーズに売却するコツをご紹介

正木屋の不動産知識【売買編】

台風被害を受けた家を売却するリスクとは?スムーズに売却するコツをご紹介

家の売却を検討している方のなかには「台風被害を受けたので売却できるか心配」と感じる方がいるかもしれません。
損壊の規模が大きいと、売却価格が下がってしまうケースがあるでしょう。
この記事では、家が台風被害を受けたときに受けられる補償や公的支援、売却のリスク、スムーズに売却するコツをご紹介します。

株式会社正木屋への問い合わせはこちら


家が台風被害を受けたときに受けられる補償や公的支援

台風によって家に大きな被害がでたときには、保険金による補償、公的制度による支援が受けられます。
公的支援を受けるには罹災証明書(りさいしょうめいしょ)の発行が必要です。
発行の際、被害状況を確認できる写真や修繕費の見積書などを用意しなければなりません。
また、災害救助法による住宅の応急修理も受けられます。
補償費用の限度額や利用要件があるため、確認してみましょう。
台風による被害の場合は損害保険の対象になるケースがあります。
利用できる項目がないか保険証書を確認してみましょう。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

台風被害を受けた家を売却するリスク

台風被害にあった家をそのまま売却する場合、買主が修繕費を負担しなければならないため、売却価格が安くなります。
売主が修繕すれば相場に近い価格で売却できますが、修繕費に見合う利益を得られるとは限りません。
被害内容を買主に隠して売却すると契約不適合責任に問われ、損害賠償請求を受けるケースがあるでしょう。
また、罹災証明書の発行には1週間~1か月以上の時間がかかるため、早めに申請する必要があります。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

台風被害を受けた家をスムーズに売却するコツ

スムーズに売却するためのポイントとして「ホームインスペクション」があげられます。
ホームインスペクションとは、建物の基礎や外壁などの構造上主要な部分の劣化状況などを専門家が調査することを指します。
売却の際にホームインスペクションを実施しておけば、売主も買主も安心できるでしょう。
売主には、台風被害を受けたことを伝える「告知義務」があります。
告知義務を怠ると売却時にトラブルが発生するため、あらかじめ不動産会社に伝えておきましょう。
「どうせ売れないから」といって家を放置すると特定空家に指定される可能性があります。
特定空家に指定されると、固定資産税が上がったり、建物を強制撤去されたりすることもあり得るので注意しましょう。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

まとめ

台風によって家が被害を受けた場合、保険金による補償、公的制度による支援を受けられるケースがあります。
売却の際に、台風被害の事実を買主に伝えないと損害賠償請求がおこなわれるリスクがあります。
台風被害を売却する際は、記事で紹介したコツを参考にしてみましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋にお任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社正木屋への問い合わせはこちら


株式会社正木屋

株式会社正木屋は、長野市の賃貸アパート・マンションなどの賃貸物件や売買物件を豊富に取り揃えた不動産会社です。長野市で不動産をお探しなら、ぜひ弊社にお任せ下さい!ブログでは長野市や不動産売却等に関連したコンテンツをご紹介します。


”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説の画像

    不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説

  • 不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説の画像

    不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説

  • 不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!の画像

    不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!

  • 不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介の画像

    不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介

  • 中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説の画像

    中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説

  • 非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説の画像

    非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説

もっと見る