不動産売却における見積もりの流れと注意点の画像

不動産売却における見積もりの流れと注意点

正木屋の不動産知識【売買編】

不動産売却の見積もりについて、ポイントになる箇所を解説するので、売買を検討中なら参考にしてくださいね。

 

物件価格の査定には無料と有料があり、多くのケースで無料の試算がおすすめです。

 

不動産売却の見積もりの流れと注意点をみていきましょう!

 

不動産売却の見積もりの流れ

 

不動産売却における見積もりの流れと注意点

 

不動産売却の見積もりとして、無料査定と有料査定の流れをご紹介します。

 

無料査定も有料査定も、資料となる書類が必要なので、あらかじめ用意しておきましょう。

 

▼無料査定

 

インターネットを使って一括査定を申し込む方法で、各種不動産会社からの見積もりを一度に受けられます。

 

ステップは以下のたった3つです。

 

・一括査定に申し込む

・一括査定に登録している複数の業者が見積もり

・結果メールなどで確認

 

必要書類は次の通りです。

 

・登記謄本

・固定資産税納税通知書(未登記建物の場合)

・リフォーム資料(リフォーム履歴がある場合)

 

▼有料査定

 

不動産鑑定士による客観的な評価を見積もりしてもらえます。

 

4ステップで流れをみていきますが、少々手間がかかりるようです。

 

・不動産鑑定士を探して連絡

・面談と依頼契約

・価格の内示と確認

・鑑定評価書を受け取る

 

必要書類は以下を参考にしてくださいね。

 

・土地の実測図

・固定資産税の納税通知書

・建物の請負工事契約書

・追加、サイン工事の金額のわかる資料

・損害保険料

 

更地と土地付き物件では資料が異なるので、詳細は依頼先に尋ねましょう。

 

不動産売却の見積もりの注意点

 

不動産売却の見積もりの注意点を2つみていきます。

 

▼見積額は各不動産会社で自由に設定される

 

無料査定では法律によるルールがないので、依頼された各不動産会社が、好きな価格を設定できます。

 

いくらの見積もりをだしても罰則などはないので、会社によっては無責任な査定をする可能性があるでしょう。

 

無料査定はあくまで目安価格なので、複数業者に依頼して相場感をつかむのが大切です。

 

▼高すぎる見積額

 

査定会社のなかには、やけに高額の見積もりをだしてくるケースがあります。

 

契約をとりたくて、高額に設定してくる会社が、まれにあるので頭に入れておきましょう。

 

一括査定すると、目安の金額を把握できるので、一件だけとびぬけて高価格であれば要注意です。

 

まとめ

 

不動産売却の見積もりの流れを知れば、自分に適した方法をみつけやすくなります。

 

多くのケースでは無料査定で十分ですが、親子間や法人間などで売買するなら、公的な証明になる有料査定を受けましょう。

 

見積もりの流れと注意点を知って、売却をスムーズに進めてくださいね!

 

長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋にお任せください!

 

売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 任意売却における抵当権消滅請求とは?代価弁済との違いや請求時のポイントの画像

    任意売却における抵当権消滅請求とは?代価弁済との違いや請求時のポイント

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 不動産売却のクーリングオフは可能?制度の適用条件と注意点を解説の画像

    不動産売却のクーリングオフは可能?制度の適用条件と注意点を解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 住宅ローンの返済額を減額するには?総返済額や売却する方法についても解説の画像

    住宅ローンの返済額を減額するには?総返済額や売却する方法についても解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 家の売却時にやってはいけない行動は?売却時のタイミングごとに解説の画像

    家の売却時にやってはいけない行動は?売却時のタイミングごとに解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 家が売れないとストレス!感じているときに知っておきたいポイントの画像

    家が売れないとストレス!感じているときに知っておきたいポイント

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 老後の家が広すぎる場合は住み替えがおすすめ!その理由を事例とともに解説の画像

    老後の家が広すぎる場合は住み替えがおすすめ!その理由を事例とともに解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

もっと見る