株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 住み替えローンってなに?不動産の住み替えを考えている方必見!

住み替えローンってなに?不動産の住み替えを考えている方必見!

≪ 前へ|お昼寝   記事一覧   待ち|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

住み替えローンってなに?不動産の住み替えを考えている方必見!

転勤のタイミングや、家族が増えたり、家庭環境が変わったことによって新しい不動産に住み替えたいと考える方もいますよね。
ですが、今住んでいる住宅のローンが残っている状態だと、ローンが残っているのに新しい場所へ住み替えてもいいのか悩むことも。
そうした時に利用できるのが住み替えローンですが、どういったものなのか、メリットやデメリットなどを紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンとの違いは?住み替えローンについて知っておこう!

住宅ローンがまだ残っている際に住み替えを検討したいという方は、通常であれば、現在の住宅を売却することで入ってきた資金で、残っているローンを支払うことになります。
売却して入った資金を使っても住宅ローンを完済することができなかった場合に、完済するために必要な資金と一緒に新しい住居購入資金も借りることができるローンのことを、住み替えローンと言います。
住宅ローンが完済していなくても、新しい不動産を見つけて購入することもできるようになるので、大きなメリットにもなります。
自宅を売却したお金で住宅ローンの完済ができる方は、この住み替えローンを利用することはできないので、事前に住宅ローンの完済ができるかをかくにんしておきましょう。

メリットだけじゃない?住み替えローンの注意点について

住み替えローンを組めば、残っていた住宅ローンも完済して、新しい住居を購入するための資金も調達できますが、メリットばかりあるわけではありません。
住み替えローンは住宅ローンを組む時よりも金利が高く設定され、金融機関で行われる審査も厳しくなってしまいます。
また、住み替えローンでの売買をする際には、家の売却と新居の購入の手続きをほぼ同時に行わなければいけないので、スケジュールの管理が難しくなります。
他にも、デメリットではありませんが、住み替えローンを組む時は、借入すぎてはいけないという注意点があります。
大きな金額を借入しすぎると、将来的にローンを返済することが難しくなって、借金が残る可能性がでてきます。
借入を決める時には、実際に返済することができる金額を借りるようにして、計画的に返済ができる金額を借りるようにしましょう。

まとめ

住宅ローンとは違う住み替えローンは、新居を購入したい時に住宅ローンがまだ残っているという方に利用できるローンです。
自己資金を出さずに新居となる不動産を購入することができますが、この時に借りた資金は後から返済していくことになるので、無理な返済計画をたてないように、事前に計画をたててから借入を決めてくださいね。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|お昼寝   記事一覧   待ち|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約