株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 旧耐震基準の不動産を売却するときはどうするべき?注意点をチェック!

旧耐震基準の不動産を売却するときはどうするべき?注意点をチェック!

≪ 前へ|布団の上   記事一覧   落ち着かない寝方|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

旧耐震基準の不動産を売却するときはどうするべき?注意点をチェック!

世界有数の地震大国である日本。
現在、地震に対する住宅の備えとして、建築基準法による耐震基準が定められ、耐震基準を満たしているかどうかが不動産の売買において重要になっています。
今回は、旧耐震基準の不動産を売却する際に知っておくと安心の売却方法や注意点などについてご案内していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

耐震基準とは?旧耐震基準の不動産の上手な売却方法

旧耐震基準に該当する不動産の売却はできるだけ早くしたほうがいいと言われていることをご存知ですか?
地震災害の多い日本では、住宅などの建物を建築する際に耐震基準が設けられています。
建築基準法で定められている耐震基準は、1971年・1981年・2000年と、これまでに複数回の改正を経て、2021年の現在は、震度6程度の地震でも倒れない「新耐震基準」を満たすものとなっています。
一方で、「旧耐震基準」にあたるのは、1981年の建築基準法の改正以前につくられた建築物。
震度5程度の地震にも耐えうる住宅を前提としてつくられた建築物を指します。
新耐震基準を持つ住宅に比べるとやや売りにくい旧耐震基準に該当する住宅は、できるだけ早めの売却がおすすめ。
旧耐震基準の売買経験が豊富な不動産会社による戦略的なアプローチを取り入れることで、スムーズな売却を目指しましょう。

旧耐震基準にあたる不動産を売却する際の注意点

まず、旧耐震基準の住宅を購入する際は、住宅ローン減税制度・贈与の非課税制度・不動産取得税や登録免許税の優遇制度などの便利な制度が使えなくなります。
そのため、新耐震基準を持つ住宅と比較するとどうしても買い手の絶対数は減ってしまいがち。
しかし、リーズナブルに中古住宅を購入したい層など、異なった種類の買い手を取り込むことができる点なども覚えておくと安心です。
また、旧耐震基準の住宅では実際に耐震補強工事などが必要となります。
耐震改修リフォームをして後に売り出すか、リフォームプランつきで売り出すか、リフォームをせずにリフォーム分の費用を差し引いた価格で売り出すかなども、旧耐震基準を持つ住宅を売り出す際のポイントとなります。
旧耐震基準の住宅は、新耐震基準の住宅と比較すると売りにくさが売却を検討する際にネックとなりますが、必ずしも売るのが難しいというわけではありません。
売却を検討している際は、まずは不動産会社に相談するのがおすすめ。
スムーズな売却のために、サポートいたします。

まとめ

リーズナブルに購入することができる旧耐震基準の住宅は、売却方法を工夫するのがスムーズな売却のための大切なポイント。
ぜひ、不動産会社とじっくり相談しながら、プランを練ってみてくださいね。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|布団の上   記事一覧   落ち着かない寝方|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約