バルコニー・ベランダ・テラスの違いって?それぞれのメリットとデメリット

正木屋の不動産知識【売買編】

バルコニー・ベランダ・テラスの違いって?それぞれのメリットとデメリット

誰しもが耳にしたことのある「バルコニー」「ベランダ」「テラス」という言葉。
しかし、それぞれの違いについて正しく理解できているという方は少ないのではないでしょうか?
そこで今回は、バルコニー、ベランダ、テラスにはどんな違いがあるのか、それぞれの特徴やメリットとデメリットを比較しつつ、ご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

知ってるようで知らない!?バルコニー・ベランダ・テラスの違いとは

普段何気なく使っているこれらの言葉ですが、もちろんそれぞれに違った特徴があります。
まず「バルコニー」とは、2階以上の位置にあり、屋外に張りだした「屋根のない」空間のこと。
2階建ての戸建ては屋根をつけると費用が高くつくためバルコニーになっている場合が多く、あとから「バルコニー屋根」を取り付けているケースが多いようです。
また「インナーバルコニー」とは、建物の一部が屋外になっている屋根のあるスペースのことを指します。
一方「ベランダ」とは、2階以上の位置にあり、屋外に張り出している「屋根のある」空間のこと。
マンションや集合住宅などではベランダになっているケースがほとんどですね。
そして「テラス」とは、一般的に1階にあり、リビングなどの居住スペースを屋外に延長したような造りのスペースのことをいいます。

バルコニー・ベランダ・テラスそれぞれのメリットとデメリット

バルコニーのメリットとしては、屋根がないぶん日当たりが良好だということです。
半透明のバルコニー屋根が付いていれば日当たりを確保しつつ雨を避けることもできます。
開放感があるので、マンションでもお庭のように屋外でリラックスしたいという方に適しているといえるでしょう。
デメリットとしては、やはりそのままの状態では雨の日に洗濯物を干せないということですね。
ベランダのメリットは、バルコニーと違って始めから屋根があるため、天気を気にせず洗濯物を干せるという点です。
しかし、バルコニーに比べると開放感があまりないので、その空間にイスやテーブルを置いてゆっくりしたり、ガーデニングなどを楽しむにはあまり向いていない空間だといえます。
テラスのメリットとしては、洗濯物を干す広いスペースが確保できたり、リビングの延長としてくつろげるスペースが広くなるということなどです。
周囲の環境によっては、テラスでバーベキューを楽しむことも可能でしょう。
しかしテラスは屋外に広く張り出しているため日光や雨風の影響を受けやすく、長く使用するためには小まめな掃除やメンテナンスが必要になるというデメリットがあります。

まとめ

バルコニー、ベランダ、テラスにはおのおの違った特徴があり、メリットとデメリットもそれぞれで異なります。
どれが優れているのかということではなく、どのタイプに魅力を感じるのかは、住む方のライフスタイルや考え方によっても違ってくるでしょう。
自分の生活に一番適したタイプはどれなのか、一度考えてみてくださいね。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説の画像

    不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説

  • 不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説の画像

    不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説

  • 不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!の画像

    不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!

  • 不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介の画像

    不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介

  • 中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説の画像

    中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説

  • 非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説の画像

    非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説

もっと見る