60代は家の売却を考えるタイミング?不動産を売却する理由と注意点

正木屋の不動産知識【売買編】

60代は家の売却を考えるタイミング?不動産を売却する理由と注意点

不動産売却のタイミングは人それぞれですが、60代で不動産の売却を検討する人は少なくありません。
不動産売却を考える理由にはどんなものがあるのでしょうか。
60代で不動産を売却する際の注意点と事前に準備しておきたいこともまとめますので、今後の参考にしたい方も今まさにそのタイミングという方もぜひご覧ください。

弊社へのお問い合わせはこちら

60代で家を売却する理由!いつ頃から売却を検討しているもの?

60代で不動産を売却する理由として多くあげられるのが、「今が売りどきだから」というものです。
不動産の売却は、築年数が15年から20年がリミットと言われています。
40代に家を購入した人であれば、60代で家を売ろうと検討する人は増えるでしょう。
次に多いのが、不動産の管理が大変になったから、という理由です。
戸建てであれば敷地内の草取りなども必要ですし、高齢になれば2階の掃除も大変になります。
築年数が10年以上であれば外壁や屋根の修繕が必要になっているかもしれません。
さらに、資金的にも苦労する場合があるでしょう。
家を維持するためには修繕費にかかる費用はもちろん、固定資産税など税金の支払いも必要です。
バリアフリーではない家は、高齢者には生活しにくいため売却を検討したというケースや、転職や離職で生活に便利なところへ住みたい、田舎に引越したいなどの理由で売却した例があります。
売却の検討は、不動産を購入したときに60代で売却しようと決めていた人もいれば、子どもが独立したときに売却を考えたという人もいました。

60代で家を売却するのは大変?上手に売却するための注意点とは

60代だからといって家を売却するのは大変ということはありません。
不動産売却初心者であれば、何歳でも不動産の売却はわからないことが多いものです。
売却したことを後悔しないように、事前に情報を収集しておきましょう。
家を売却する前に調べておきたいのは、どれくらいの価格で売却できそうか、どうしたら上手に売却できるのかです。
不動産会社に相談すればすぐに教えてくれますが、自分で調べてみることも大切になります。
市場相場を参考にし、いくらぐらいで売れそうか、どのような売り方が効果的なのか自分なりに検討しましょう。
不動産を売却するときは、売却活動をしながら新居を探すか、新居が決まってから売却活動をするのかを決め、不動産会社に査定を依頼します。
売却活動をしながら新居を探すのであれば、スケジュール管理が重要です。
どのタイミングまでに新居を探さなければいけないか、内覧はいつなのか把握しておく必要があります。
新居が決まってから売却活動をする場合は、その資金があるのか確認しましょう。
固定資産税は売却できるまで支払い続けなければいけませんのでその点も頭に入れておきましょう。

まとめ

不動産の売却を検討する60代の方は多いと言われています。
不動産を売却し新居に引っ越すには、事前の準備とスケジュール管理が大切です。
上手に売却できるように、不動産会社に相談しながら売却活動をしていきましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • お金がないときに家を売る方法とは?費用ややってはいけないことを解説の画像

    お金がないときに家を売る方法とは?費用ややってはいけないことを解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 不動産売却を進める前に査定だけを一度受けるのは可能?注意点も解説!の画像

    不動産売却を進める前に査定だけを一度受けるのは可能?注意点も解説!

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 居住中で内覧のストレスを感じる理由は?対処法や内覧なしの売却方法を解説の画像

    居住中で内覧のストレスを感じる理由は?対処法や内覧なしの売却方法を解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 不動産終活のやり方とは?整理する方法や注意点をご紹介の画像

    不動産終活のやり方とは?整理する方法や注意点をご紹介

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 不動産売却時には無料査定でも良い?よくあるトラブルの回避法も解説!の画像

    不動産売却時には無料査定でも良い?よくあるトラブルの回避法も解説!

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 任意売却における抵当権消滅請求とは?代価弁済との違いや請求時のポイントの画像

    任意売却における抵当権消滅請求とは?代価弁済との違いや請求時のポイント

    正木屋の不動産知識【売買編】

もっと見る