電話番号

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却が長引く原因とは?早く売却するためのコツもチェック!

不動産の売却が長引く原因とは?早く売却するためのコツもチェック!

≪ 前へ|昼寝三昧   記事一覧   家賃か食費か|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

不動産の売却が長引く原因とは?早く売却するためのコツもチェック!

不動産の売却にかかる平均的な期間は、だいたい3~6か月といわれています。
それ以上になると売却期間が長引いていると考え、あまりに長引くと資産価値の低下を招く場合もあります。
今回は不動産の売却期間が長引く原因と、早く売却するためのコツについてご紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却が長引く原因とは?

不動産の売却が長引くことには、いくつかの原因が考えられます。

立地や土地形状による原因
たとえば、不動産のある場所の立地が田舎であったり、不便な場所であったりというように立地があまり良くない場合、需要自体が少なく売却が長引く原因となります。
また、土地形状が旗竿地や三角地などの変形地である場合も、なかなか売れにくい原因となります。

販売価格による原因
不動産の販売価格の設定が、不動産のあるエリアの価格相場よりも高い場合も、売却が長引く原因となります。

売り出し時期による原因
不動産の売買においても、取引が盛んな時期とそうではない時期とがあります。
就職や進学、転勤といった人の流れが活発な春や秋が不動産のオンシーズンといわれており、それ以外のタイミングでは売却に時間がかかるケースもあります。

不動産会社との相性による原因
仲介する不動産会社にも得意分野や得意エリアがあります。
売却したい不動産がそこにマッチしていない場合も、売却が長引く原因となります。

不動産売却で期間が長引くときに確認したいコツとは

では、どうすればなるべく早く不動産を売却することができるのでしょうか。
いくつかのコツやポイントをまとめてみました。

掃除など不動産の手入れをおこなう
不動産を購入するかどうかを大きく左右するものに現地見学、いわゆる「内覧」があります。
マンションや戸建ての場合は、居住中や空き家に関わらず、室内の掃除や整理整頓をきちんとおこなうのもひとつのコツとなります。
土地や戸建ての場合は、雑草を綺麗にするだけでも印象が随分変わるので、不動産のお手入れを丁寧におこなってみましょう。

販売価格を見直してみる
同程度の物件で比較して、販売価格が売却エリアの相場よりも高い場合は、価格を見直して適正価格で販売するのもコツのひとつです。
売却期間が長引くと、価格の低下は避けられません。
頃合いを見て、早めに値下げすることで売れやすくなるケースはよくあります。

不動産会社の買い取りを利用する。
売却を急ぐ場合や売ってしまいたい期限がある場合などは、不動産会社に買い取ってもらうという方法もあります。
売却価格は相場より少し低めにはなりますが、仲介手数料がかからない点や早期に確実に売却できるといったメリットもあるので、急ぐ場合は視野に入れておくと良いでしょう。

まとめ

不動産売却が長引くと、販売価格の値下げが避けられないだけでなく、売れ残っている物件という印象が付いてしまうこともあります。
長引きそうな場合は早めに原因を探り、できるだけ早期に売却できるようコツを押さえた対策をしていくと良いでしょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|昼寝三昧   記事一覧   家賃か食費か|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約