電話番号

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 固定資産税評価額とは?不動産売却に関係してくるのか?

固定資産税評価額とは?不動産売却に関係してくるのか?

≪ 前へ|今日もネコはリモートワークです。   記事一覧   眩しいネコ|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

固定資産税評価額とは?不動産売却に関係してくるのか?

不動産を所有している方なら必ず聞いたことのある固定資産税評価額。
自分の不動産の価値について明確に提示された金額ですが、その中身までくわしく知っている方は少ないのではないでしょうか?
不動産の売却を検討されているなら自分の不動産の価値を把握しておきたいですよね。
その指標の一つである固定資産税評価額について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

固定資産税評価額とは?

不動産を所有しているなら毎年納税している固定資産税。
その金額を決めるにあたっての基準となるのが固定資産税評価額です。
土地の評価額自体は他にも種類があり、それぞれに役割を持っています。
その中の固定資産税評価額の役割は、固定資産税の算定の基準となることと覚えておきましょう。
固定資産税評価額自体は市町村が決めています。
しかし、固定資産税の決め方として総務大臣が固定資産税評価基準を定めており、それを元に決められているのです。

固定資産税評価額の計算方法は?

固定資産税評価額は市町村が決めると述べましたが、その金額を自分でも調べる方法があります。
毎年送られてくる固定資産税の納税通知書を確認しましょう。
固定資産税課税明細書にあなたの不動産の固定資産税の評価額が書かれています。
また、固定資産税評価額に1.4%をかけた額が固定資産税として請求されます。
反対に固定資産税額を1.4%で割ることで固定資産税評価額を算出することができるのです。
不動産鑑定士が評価した地価の正常価格と建物価格から、経年劣化分を減額したものを元に固定資産税評価額は計算されています。

他にもある!固定資産税評価額以外の土地の評価額とは?

不動産でも建物ではなく土地については固定資産税評価額以外にも土地を評価する価格があります。
まず、毎年評価される土地の価格をもとに土地鑑定委員会が公表する公示価格。
次に、各都道府県が毎年基準値として選んだ土地を鑑定し公表する基準地価。
また、贈与税や相続税の算出に使用される路線価。
路線価は道路に面している土地の価格を国税庁が公表しています。
そして、時価とも呼ばれる実勢価格。
実際に取引された価格が時価ですが、景気や季節などさまざまな社会的要因によって変化します。
これらすべての土地評価額にはそれぞれ役割があり、評価する時期や機関も異なります。
自分の目的によって関わってくる評価額が異なってくるのです。

まとめ

不動産はその役割によって基準とする評価額が異なってきます。
固定資産税評価額は固定資産税の算出や不動産取得税、登録免許税などの基準とされています。
不動産を売却するにあたって一度、固定資産税評価額を調べてみてはいかがでしょうか?
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|今日もネコはリモートワークです。   記事一覧   眩しいネコ|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約