026-241-3860

営業時間:
平日10:00~18:00 水・土10:00~17:00
定休日:
日曜・祝祭日

株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 新築物件をすぐに売却するときの価格や注意点をご紹介

新築物件をすぐに売却するときの価格や注意点をご紹介

≪ 前へ|インターネット無料の賃貸物件の対応と完備との違いと必要な工事とは何?   記事一覧   暑い日の寝方|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

新築物件をすぐに売却するときの価格や注意点をご紹介

何らかの理由により、新築物件をすぐに売却したいと考えている方もいるのではないでしょうか。
本記事では、新築物件をすぐに売却するときの価格とその理由、売却時の注意点についてご紹介します。
新築物件の売却に悩んでいる方は、参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築はすぐに売却すると高く売れる

新築を高く売りたい場合、購入してから早期であるほど高く売却することができます。
近年、新築物件が高く売れるケースが多いです。
新築物件が高く売却できる理由は、ここ数年間において地価が上昇しているからです。
築年数が浅い物件を売却すると、新築価格よりも高くなるケースもあります。
とくに、築年数が5年以内の場合、新築物件を高く売却しやすいです。
しかし、築年数が経過するほど、高く売却できなくなってしまいます。
国土交通省が発表しているデータによると、築5年が経過している一戸建ては購入時の70%、マンションは90%ほどまで、資産価値が下がってしまいます。
新築物件を高く売却するには、購入してからすぐのほうが有利といえます。

新築物件をすぐに売却する理由

新築物件をすぐに売却する理由はいくつかあります。
離婚する場合は新しい生活をスタートさせるために、新築物件をすぐに売却するケースがあります。
住宅ローンを支払えなくなった場合も、新築物件を売却することがあります。
また、新築物件を購入したばかりなのに、転勤することになり、なくなく売却することもあるでしょう。
近隣の騒音や迷惑行為によるトラブルによって、売却しなければいけないケースもあります。
実際に新築物件を売却するときに、これらの売却理由は購入者に正直に伝えましょう。
正直に売却理由を伝えると、物件に欠陥がないと伝わり、値引きを要求されにくくなります。
また、売却理由を隠ぺいすると、損害賠償につながる恐れもあるため、売却理由は正直に伝えましょう。

新築物件をすぐに売却するときの注意点

新築物件は1度でも住むと中古物件になってしまうため、注意が必要です。
また、住んでいなくても、工事が完了してから1年経つと中古物件になってしまいます。
住宅ローンを完済していないと、新築物件を売却できない点にも注意しましょう。
築浅物件を売却するときには、オーバーローンになる場合があります。
オーバーローンとは、売却価格がローン残高より少なく、ローンを完済できない状態です。
さらに、物件売却時には、不動産会社への仲介手数料や売買契約書に必要な印紙税を支払わなければいけません。
築浅物件だと、仲介手数料が高額になるため、注意してください。
さらに、購入者に瑕疵(物件の欠陥)を伝える「瑕疵担保責任」を果たさないと、損害賠償につながる恐れがあります。

まとめ

新築物件を売却するとき、地価が上がっていると、購入時よりも高く売却できます。
新築物件を手放す大きな理由は、「離婚」「住宅ローン」「転勤」「近隣トラブル」です。
売却するときは、売却理由を購入者に正直に伝えて、損害賠償のリスクを減らしましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|インターネット無料の賃貸物件の対応と完備との違いと必要な工事とは何?   記事一覧   暑い日の寝方|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約