ペットを飼っているマンションは安くなる?査定額をなるべく下げない方法とは

正木屋の不動産知識【売買編】

ペットを飼っているマンションは安くなる?査定額をなるべく下げない方法とは

将来的にマンションの売却を考えている方のなかには、お住まいの物件でペットを飼っている方もいるでしょう。
ペットの飼育はさまざまな要因でマンションの査定額を下げると言われていますが、具体的な原因は何なのでしょうか。
今回は、ペットを飼っているとマンションの査定額が下がる理由や査定額を下げないための注意点、査定時のポイントについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ペット飼育がマンションの査定額を下げる理由

はじめからペットと生活することを想定して建てられたペット共生型マンションであれば、ペットを飼っていても査定額は下がりにくくなります。
しかし、そうではなく単純にペット可だけの物件の場合、ペットの飼育が査定額を下げる理由になることもあります。
どんなに清潔にしていても、動物特有のにおいは一度染み付いてしまうとなかなか取れないものです。
また、ペットが走り回った跡や引っかき傷などが残っていると、そこでも査定額が下がってしまいます。

ペット飼育でマンションの査定額を下げないための注意点

ペットを飼っていたマンションを売却する際、なるべく査定額を下げないようにするならば、ペット飼育で生じた物件の瑕疵を取り除くのが望ましいでしょう。
壁や床にできた傷を修繕して見た目を整え、消毒などでダニやノミの対策をおこなうことが大切です。
また、壁紙やクロスに染み付いたお部屋内部のにおい対策も、重要になります。
1つの注意点として、ペットとともに暮らしていた居住者の方は、染み付いたにおいに気付けない場合が多いです。
カーテンなどにおいの付きやすい布製品やクロスを取り替え、消臭スプレーなどを使用したうえで第三者の方ににおいの確認をしてもらいましょう。
個人で対応できないほど汚れや傷などがひどい場合は、ハウスクリーニングを利用してきれいにしてもらうのもポイントです。

ペット飼育以外のマンション査定のポイント

マンションの査定額に影響を与えるのは、ペット飼育によるお部屋の劣化や傷みだけではありません。
駅からの距離や交通の便などの立地、建物自体の築年数など、さまざまな要素が絡み合って査定額を左右しています。
お部屋のある階層や、使いやすい間取りかどうかも査定時のポイントです。
基本的には利便性が高く、多くの方にとって使いやすい人気のお部屋の査定額は高くなる傾向にあります。
逆にお部屋の内部に目立った傷やにおいが残っていなくとも、使いにくい立地にある物件や建物全体が古いマンションなどは、あまり査定額が高くならないことに注意しましょう。

まとめ

マンションの査定額を決める要因はさまざまですが、ペットの飼育もその1つです。
とくにペットそのものの有無よりも、飼っているペットによって傷付けられた内装などが査定額に影響します。
直せる劣化は売却前に修繕し、査定額を下げないようにしましょう。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社正木屋への問い合わせはこちら


株式会社正木屋 

株式会社正木屋は、長野市の賃貸アパート・マンションなどの賃貸物件や売買物件を豊富に取り揃えた不動産会社です。長野市で不動産をお探しなら、ぜひ弊社にお任せ下さい!ブログでは長野市や不動産売却等に関連したコンテンツをご紹介します。


”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説の画像

    不動産を早く売りたい方におすすめ!不動産を早く売る方法を解説

  • 不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説の画像

    不動産買取でよくあるトラブル事例とは?回避方法も解説

  • 不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!の画像

    不動産売却における耐用年数とは?建物構造や減価償却のメリットを解説!

  • 不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介の画像

    不動産売却のよくある悩みを解決!お金や売れない問題の対処法をご紹介

  • 中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説の画像

    中古マンションの売却は築年数が重要!高く売るコツを解説

  • 非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説の画像

    非居住者の不動産売却の方法は?流れや税金問題についても解説

もっと見る