株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > スキップフロアとはどんな間取り?床を増やしてスペースを有効活用しよう

スキップフロアとはどんな間取り?床を増やしてスペースを有効活用しよう

≪ 前へ|とんかつ専門店『からり』   記事一覧   中古マンションのメリット・デメリットとは?購入と賃貸との違いも知ろう!|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

スキップフロアとはどんな間取り?床を増やしてスペースを有効活用しよう

スキップフロアとは、どのような間取りかご存じでしょうか。
床の一部に高低差を作って階段でつなげ、「中二階」や「中三階」などと呼ばれる中階層を設ける間取りのことです。
今回はスキップフロアのメリットやデメリットについて、ご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

狭い土地でも床スペースを増やせる!スキップフロアのメリットとは?

スキップフロアのメリットとはなんでしょうか。
まず、縦の空間を有効活用できることがメリットです。
狭小住宅では居住空間を増やせるため、とくにおすすめです。
廊下がいらないぶんスペースを多く取れますし、視覚的に広く見える効果もあるので、フロアにメリハリをつけることもできます。
スキップフロアを子どもの遊び場にすると、一体感はそのままにして、大人がくつろぐスペースと分けることができるでしょう。
またキッチンの床を少し高くすると、リビングを見渡しながら料理ができるので、小さい子どもがいるご家庭におすすめできます。
さらにキッチンスペースの下に収納が作れるので、利便性も高いでしょう。
このように、スキップフロアを作ると収納場所が増やせることも、大きなメリットです。

床が増えるので掃除が大変?スキップフロアのデメリットとは

では、スキップフロアのデメリットとはなんでしょうか。
スキップフロアは部屋を壁で仕切らないので、大きなワンルームのような造りです。
そのため空調が効きづらく、冷暖房費がかかってしまう可能性があります。
階段が多いことが特徴なので、床の掃除が大変なのもデメリットです。
とくに階段のすみは掃除がしにくいため、ホコリがたまりやすくなってしまいます。
たまったホコリが舞ってしまわないように、こまめな掃除を心がけましょう。
また空間を縦に使う間取りなので、設計には知識や技術が必要です。
経験豊富で信頼できる設計士さんに、依頼をしましょう。
さらに段差を利用するスキップフロアは、バリアフリーではありません。
ですから介護が必要になったり、ケガをしてしまったりすると、段差の移動が大変になってしまいます。
そのような場合はあまり移動しなくても生活ができるように、部屋の配置を工夫しましょう。

おすすめ|築10年以内の物件特集

まとめ

スキップフロアは空間を有効活用して、床面積を増やすことができます。
ただし作りすぎると使い勝手が悪くなってしまうこともあるので、注意しましょう。
生活スタイルや好みによって適切な間取りが変わりますから、経験が豊富な設計士さんとよく相談をしながら決めることがおすすめです。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|とんかつ専門店『からり』   記事一覧   中古マンションのメリット・デメリットとは?購入と賃貸との違いも知ろう!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約