株式会社正木屋 > 株式会社正木屋のスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅の売却期間はどのくらい?知りたいその実態!

中古住宅の売却期間はどのくらい?知りたいその実態!

≪ 前へ|ネコアレルギー   記事一覧   新入社員|次へ ≫
カテゴリ:正木屋の不動産知識【売買編】

中古住宅の売却期間はどのくらい?知りたいその実態!

さる事情からマイホームを手放したいと考える人は多くいるでしょう。
中古物件といえども購入側にとっては高い買い物なので、物件選びにも慎重になります。
実際に家を中古物件として売りに出した場合、どのくらいの期間で行われるのでしょうか?
簡単な流れをご紹介していきたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古住宅を売却する期間とその平均的な条件や場所とは?

中古物件の売却期間は早くて3ヶ月から6ヶ月、長いときは1年以上ともいわれています。
居住年数、立地条件など価格が左右され、首都圏や地方によって需要と供給のバランスの相違があるためです。
平均的にみれば遅くとも半年前には行動に移すとよいとされています。
個人で売りに出すことも可能ですが、トラブルなどすべてに対応するのは難しいので、不動産会社を仲介して進めるのが無難といえるでしょう。
売却したい家の条件などを査定し、売却価格を決めるのには1週間ほどかかります。
物件の広告を打ち出し購入希望者の内覧、さらに値段のすり合わせを行い、購入希望者が住宅ローンの仮審査へ申し込むなど、これら販売活動に1ヶ月から3ヶ月ほどです。
住宅ローンの仮審査の承認が下りれば、引渡し日の決定など具体的な交渉を行い、その内容が記載された契約書を交わし、手付金を受け取ります。
下りなかった場合は再度価格の交渉を行い承認が下りるまで、もしくは次の購入希望者が現れるのを待つこともありますが、売買契約に1、2週間ほどかかることはいなめません。
売買契約の後は購入希望者がローンの本審査に申し込み、承認が下りれば手付金を差し引いた残金の決済を行い、契約書に記載された時期に基づいて引渡しが行われ、引渡しの行程に1~2ヶ月ほどかかります。

これらが平均的な流れです。

思い通りにいかない中古住宅の売却期間!見直しすべき点とは?

マニュアル通り動いたとしても、希望通りの売却期間で売れるとは限りません。
うまくいかない、そう感じたときこそ、見直しすべき点があるのだと一度立ち止まってみましょう。
媒介契約を結ぶときに契約の種類を「一般媒介契約」という契約にすることで、複数の不動産会社に査定に出すことが可能です。
そして自分の物件にある特徴に合った不動産会社を探索してくれる不動産一括査定サービスを使えば、複数の買い手との接点をさらに増やせます。
複数の不動産会社の中から、売却値段は高くなかったものの対応のよかった担当者を選んだ実際の例があります。
家が適正価格か物件の状態が良好か、内覧の対応をさらによくする方法、売却するためのアドバイスや専門的な意見が、担当者からリアルタイムで届くようになりました。
見直す点を振り返るごとに売却希望者側も事情に精通し、売却活動からおよそ1ヶ月で購入見込客に出会い、3ヶ月後には見事、物件を引渡せたのです。

こういった事例に表れているように、不動産会社とタッグを組んで進めることが、売却成功の近道になりますよ。

要チェック|売却査定

まとめ

中古住宅を販売したとき、首都圏や地方の需要の違い、そして立地と価格で条件が左右されてしまい、なかなか購入者とマッチングするのが難しいときもあります。
売却期間が長引けば不動産価値が下がり、価格も落ちてしまうおそれがあります。
丁寧な対応をしてくれる不動産会社に売却活動を依頼することが、理想的な売却への近道になるのではないでしょうか?
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋にお任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ネコアレルギー   記事一覧   新入社員|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約