境界の立合いは必須?拒否されたときの対処法やトラブルの予防法を解説

正木屋の不動産知識【売買編】

境界の立合いは必須?拒否されたときの対処法やトラブルの予防法を解説

土地の売却を考えているお客様から、隣の土地との境界を明確にするために、隣地の方へ立会いをお願いしたけれども拒否されたと相談されるケースが多いです。
立会いは必須なのか、隣地の所有者と大きなトラブルにならないようにするための対処法は知っておくべきです。
今回は隣地の方の境界の立会いは必須なのか、隣地の方から拒否されたときの対処法や予防法を解説します。

株式会社正木屋へのお問い合わせはこちら


土地の境界立会いは必須なの?

境界線には筆界と所有権界の2種類があります。筆界は法務局に正式に登記されたラインです。
土地の売買において、自分の土地の境界が不明確な場合、隣地の所有者とのトラブルの可能性が高まります。
したがって、土地を売却する際は筆界を明確にしておく必要があります。
確定測量は通常の測量とは異なり、現在所有している土地と隣地との境界を明確にする手段です。
立会いは任意であり、断った場合に罰則はありません。
ただし、立会いを拒否されると、土地の売却手続きが進まず、売却が難しくなる可能性があります。
そのほかには、境界確定訴訟によって境界を明確にする方法もありますが、時間と手間がかかるため、できる限り避けるべきです。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に作成する「売渡承諾書」とは?効力や注意点も解説

土地の共済立会いを拒否されたときの対処法

立会いをお願いして断られた場合は、土地家屋調査士に隣人との交渉を依頼することも検討しましょう。
一般の方が知識がないまま立会うと、誤った承諾をしてしまう可能性があり、慎重に対応する必要があります。
土地家屋調査士は専門家であり、測量や境界杭の設置、書類作成に精通しており、説明や交渉術も備えています。
そのため、彼らの介入により問題がスムーズに解決するケースが多いです。
もし土地家屋調査士の介入も拒否される場合は、筆界特定制度を利用する方法もあります。
この制度を利用すると、法務局の登記官に申請して自分の所有する土地の範囲を特定することが可能です。
また、土地地積更正登記では所有者が立ち会わずに手続きできる場合もあります。

▼この記事も読まれています
収益物件の売却における「精算」とは?自己使用物件との違いや精算方法も

土地の境界立会いでのトラブルを予防するためには

隣地所有者との良好な関係が重要です。
確定測量により、今まで使用していた場所が隣の敷地だったことが判明すれば、これまでの黙認関係が揺らぐ可能性もあります。
測量が必要になる前に余裕を持って相手に伝えることや、売却の理由や背景を説明しておくことで、相手との摩擦を防ぐことができます。
また、立会いのメリットを相手に説明することもトラブルを予防する手段です。
たとえば、測量費用が不要で土地の境界が明確化されることで土地の価値が向上するなどのメリットがあります。

▼この記事も読まれています
不動産を売却するなら知っておきたい地役権!注意点もあわせて解説

まとめ

隣地の方に立会ってもらうのは必須ではなくあくまでも任意です。
しかし、立会いを拒否されると売却する際に手続きが進められなくなります。
土地家屋調査士が間に入る、筆界特定制度を利用するのが対処法としてあります。
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋にお任せください。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

株式会社正木屋へのお問い合わせはこちら


株式会社正木屋の写真

株式会社正木屋

株式会社正木屋は、長野市の賃貸アパート・マンションなどの賃貸物件や売買物件を豊富に取り揃えた不動産会社です。長野市で不動産をお探しなら、ぜひ弊社にお任せ下さい!ブログでは長野市や不動産売却等に関連したコンテンツをご紹介します。


”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 抵当権抹消とは?手続きしないままでいるときの問題点と手続きの流れの画像

    抵当権抹消とは?手続きしないままでいるときの問題点と手続きの流れ

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 小規模宅地等の特例の必要書類は?共通と別居の親族と老人ホームごとに解説の画像

    小規模宅地等の特例の必要書類は?共通と別居の親族と老人ホームごとに解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 住み替えでは同じ不動産会社に依頼したほうが良い?注意点も解説の画像

    住み替えでは同じ不動産会社に依頼したほうが良い?注意点も解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 家の売却時にやってはいけない行動は?売却時のタイミングごとに解説の画像

    家の売却時にやってはいけない行動は?売却時のタイミングごとに解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 一戸建ての売却は難しい?売れない理由と売却しやすくする対策をご紹介の画像

    一戸建ての売却は難しい?売れない理由と売却しやすくする対策をご紹介

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 実家の売却をつらいと感じる理由!よくある後悔や所有し続けるリスクを解説の画像

    実家の売却をつらいと感じる理由!よくある後悔や所有し続けるリスクを解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

もっと見る