古い家が売れない解決策!売り方4選と注意点3選

正木屋の不動産知識【売買編】

古い家が売れない解決策!売り方4選と注意点3選

古い家が売れないときの解決策を検討して、相続などで実家を引き継ぐ際の予備知識を入れておきましょう。
中古市場に目を向けるユーザーにとっては、築古物件ほど魅力的に映るケースもあるようです。
古い家が売れない解決策として、売り方4つと注意点3つについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

古い家が売れない解決策!売り方4選

古い家が売れないなら、解決方として4つの売り方をチェックしておくとよいでしょう。

古い家の売り方4選

●古家付きの土地で売る
●更地にして売る
●リフォームして売る
●不動産業者買取


戸建てを欲しい人と更地を欲しい人の両方のアプローチできるのが、古家付きの土地で売るメリットで、購入者が住宅ローンを組みやすいのも売却にプラスに働くでしょう。
更地の売却では、購入者の物件解体の手間が省ける点と、売却まで空き家管理をせずにすむ点がメリットです。
リフォームによる売却は、建物に付加価値をうまくのせられれば、高値での売買が可能になるかもしれません。
また、売却できなくても、リフォームによって本人が居住できる活用方法をみいだせます。
少しでも早く売りたいのであれば「買取」もおすすめで、不動産業者に直接買い取ってもらう方法もあります。
不動産業者による買取の手続きは約1ヶ月程度で完結し、業者が買手なので仲介手数料を支払う必要もありません。

古い家が売れない解決策!注意点3選

古い家が売れないときの注意点3つをご紹介するので、解決策として覚えておきましょう。

古い家が売れないときの注意点3選

●リフォーム
●空き家
●解体


リフォームすれば売れそうな気がするかもしれませんが、安易に多額の工事費用を使ってしまうのはおすすめできません。
自分好みにリフォームするために、古い家を安く購入したい人もいるので、中途半端に改修してしまうと、余計に売れにくくなってしまう可能性があります。
また、特段の理由がない限り、空き家にしてしまうのはなるべく避けるようにしましょう。
空き家になったとたん、住宅の劣化が早まるので、管理に手間がかかりますよ。
家が古いからと解体してしまうのもおすすめできません。
更地にした方が売れると考えるかもしれませんが、固定資産税が最大で6倍になる可能性があり、解体費用も一般的な住宅だと100万円ほどの大金がかかります。

おすすめ|お問い合わせ

まとめ

古い家が売れない解決策として、売り方と注意点をおさえておきましょう。
各ポイントには重複する点もあるので、状況に適した判断が大切で、信頼のおける不動産会社への相談がおすすめです。
納得できる不動産売却のために、最低限の知識を備えるようにしてくださいね!
長野市の賃貸アパート・マンション・不動産のことなら株式会社正木屋お任せください!
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”正木屋の不動産知識【売買編】”おすすめ記事

  • 任意売却における抵当権消滅請求とは?代価弁済との違いや請求時のポイントの画像

    任意売却における抵当権消滅請求とは?代価弁済との違いや請求時のポイント

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 不動産売却のクーリングオフは可能?制度の適用条件と注意点を解説の画像

    不動産売却のクーリングオフは可能?制度の適用条件と注意点を解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 住宅ローンの返済額を減額するには?総返済額や売却する方法についても解説の画像

    住宅ローンの返済額を減額するには?総返済額や売却する方法についても解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 家の売却時にやってはいけない行動は?売却時のタイミングごとに解説の画像

    家の売却時にやってはいけない行動は?売却時のタイミングごとに解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 家が売れないとストレス!感じているときに知っておきたいポイントの画像

    家が売れないとストレス!感じているときに知っておきたいポイント

    正木屋の不動産知識【売買編】

  • 老後の家が広すぎる場合は住み替えがおすすめ!その理由を事例とともに解説の画像

    老後の家が広すぎる場合は住み替えがおすすめ!その理由を事例とともに解説

    正木屋の不動産知識【売買編】

もっと見る